公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  中小企業経営支援事業

中小企業経営支援事業

中小企業の技術評価、経営支援等について識見の高い専門家をプロジェクトマネージャー及びマネージャーとして配置し「かわさき起業家オーディション」によるビジネスプランの評価、応募者のフォローアップ等による起業家支援・中小企業の新分野進出支援等を行うと共に、当財団登録専門家による窓口相談事業、専門家派遣事業、ワンデイ・コンサルティング事業等を行い、中小企業の課題解決、経営革新を支援しています。

事業概要

支援人材活用・支援体制整備事業

高度の専門知識、豊富な実務経験、幅広い人的ネットワーク等を有する人材をプロジェクトマネージャー及びマネージャーとして配置し、中小企業経営者や起業家等の課題や二-ズに的確に対応した支援策を提供してます。また、各種の支援事業を市内中小企業等に対して積極的に周知すると共に、市内外の産業支援機関との連携の強化を進めています。

窓口相談等事業

中小企業者や起業家が直面する経営、税務、技術、特許、法律等の様々な課題に対し、中小企業診断士、税理士、技術士、弁理士、弁護士等、各分野の登録専門家が相談者に対して適切なアドバイスを無料で行う相談窓口を運営しています。産業振興会館内の常設の窓口に加え、地域の工業団体や女性の起業家を支援する出張型の相談も実施しています。窓口相談を利用した企業に対しては、必要な場合は、より詳細な指導助言として、ワンデイ(緊急)・コンサルティング・専門家派遣事業等を行っています。

ワンデイ・コンサルティング

緊急性を要する経営課題を有する市内の中小企業、個人事業者及びNPO法人等を対象に、課題解決に向けた適切な専門家を事業者に派遣し、即応性のある助言・診断を無料で行います。今年度も引き続き、緊急経済対策に基づいて、1企業3回まで派遣する「緊急コンサルティング」を実施しています。

専門家派遣事業

経営改善や環境改善、ISO認証取得のための取り組み、従業員教育、ものづくりの新技術・新製品開発を図ろうとする中小企業者や起業家に対して、課題解決のための専門家を一定の日数、企業に派遣し、企業の実情を踏まえた適切な診断や助言、改善提案を行っています。ただし、派遣経費の半額を企業負担としています。

販路開拓支援事業

中小製造業者の新たな受注機会や販路開拓を図ることを目的に、発注企業と受注企業が一堂に会し、個別商談により新規取引先の開拓及び情報収集を行う「川崎ものづくり商談会」を当産業振興会館で開催しています。(公財)神奈川産業振興センターとの共催により発注企業40社、受注企業300社規模の商談会とし、取引の基本であるフェイスtoフェイスによるマッチングの機会を設け、受・発注取引の促進を図っています。また、9都県市の中小企業支援センターと連携した合同商談会、各種展示会に参加し、首都圏レベルでの受発注開拓に取り組む企業の支援もおこなっています。

問い合わせ先

経営支援課

公益財団法人川崎市産業振興財団
TEL 044-548-4141  FAX 044-548-4146
E-mail :center@kawasaki-net.ne.jp

Top