公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  情報推進事業 >  かわさきIoTビジネス共創ラボ(略称)かわラボ ~地域発信IoT事例創出の場~

かわさきIoTビジネス共創ラボ(略称)かわラボ ~地域発信IoT事例創出の場~

発足のねらい

〇地域のIoT参画プレイヤーのネットワーク形成
〇プロジェクトの共同研究・実証によるノウハウ共有
〇先進事例の共有によるIoT技術の導入促進

目的

●地域中小企業におけるIoTビジネス参入に向けた機運醸成・異業種連携の促進
●IoT技術を保有する企業、新規ビジネス参入を検討する企業、IoT導入による生産性
 向上を検討する企業、IoT先進事例を保有する企業等による地域のネットワークの構築
●IoTビジネス共創ラボ(マイクロソフト社が運営する全国版ラボ)との連携による最先
 端の技術や先進事例の共有
●ICTの技術活用による地域課題、社会的課題の解決
●地域発のIoT導入先進事例による地域ブランドの確立及び地域・全国への波及

主な活動

【フェーズⅠ(参加企業の発掘、具体的プロジェクトの模索)】

●勉強会、セミナー等の実施   3回程度/年
●対外露出できるイベント参加  1回以上/年
●IoT先進事例の共有・報告会 3回程度/年

【フェーズⅡ(具体的なプロジェクトを進めるWGの発足)】

●(ワーキンググループ発足後)対外露出できる範囲でワーキング
グループの活動報告

グループリーダー企業について

〇WG立ち上げの具体的条件

●具体的な実証内容、核となる参画企業の想定がある場合、参画企業から幹事及び事務局に
対しWG立ち上げの申請をする。
●幹事及び事務局にて協議を行い、WG立ち上げを決定。参画企業の互選でリーダー企業を
決定し、活動を開始する。
●リーダー企業は幹事の一員として、かわラボ全体の管理・運営にも参加する

〇WGリーダー企業の具体的役割

●かわラボの成果を「見える形」にするための基幹的存在
●かわラボのフェーズⅠを経て集まった企業により具体的なプロジェクトが生まれたらWGを
 発足し、その中心企業が互選でリーダーとなり、他企業の参加許可を含む強い権限を有する
 とともに、幹事と一緒に組織全体を牽引する
●(WG活動中は守秘的内容が多いことを考慮しつつも)段階的に公開可能な情報で活動報告
 を行う
●任期はプロジェクト継続期間(WG参画企業の合意でリーダー企業変更可能)

参加のメリット

●パートナー同士の情報交換/ネットワーク/協業のきっかけづくりの場
●「IoTビジネス共創ラボ」(マイクロソフト社が運営する全国版ラボ)との連携・
情報共有
●大手ICT技術・クラウド関連の最新情報の提供
●プロモーション機会の提供(展示会、セミナー、プレスリリース等)
●実証場所の提供の調整(参画企業、行政、団体保有施設等)
●実証事業などにかかる予算獲得等の支援(国の補助金の申請支援等)
●コーディネータによるワーキンググループ支援、協力企業の紹介

ワーキンググループ紹介

ARMR FACTORY (リーダー企業:株式会社ACW-DEEP)

中小企業(主に製造業)における、若年層指導や指導困難場面等の「後継者育成」、「技術伝承」課題に対し、ARやMR等の新たなICT技術導入による課題解決を図り、これによる事業効果を普及させ、中小・零細企業でも実践できるICT技術導入をモデル化する。
IoT農業ワーキンググループ(リーダー企業:株式会社ルートレック・ネットワークス)

農業分野は、高齢化、担い手不足、技術の承継、水の枯渇、環境問題など多くの課題を抱えており、ICTによる課題解決の可能性が数多く有るにも関わらず普及に至っていない。
本ワーキンググループでは、新たなコンセプトのIoT技術により、農業分野でICTの効果がわかりやすく、導入しやすい価格で、親子二世代でも使いやすいソリューションは何かを創出し実現化へ進む。
お墓、霊園のIT化(リーダー企業:株式会社沖セキ)

お墓、霊園のセンシング
お墓の位置情報登録による、霊園管理の効率化と防災対策
健康×勤怠管理ワーキンググループ(リーダー企業:株式会社マインド)

働き方改革の一助となるべく、脳の血流量と精神的負担の因果関係を研究し、精神的負担を事前に把握できる勤怠管理システムの開発し製品化する。

参加申し込み先

<事務局>
新たなワーキンググループの立ち上げや既存ワーキンググループへの参加を希望される方は
以下の項目をご記入の上、次のアドレス宛お申込ください。
東京エレクトロンデバイス株式会社
申込先 iotcomjpadmin@microsoft.com

  1. 企業名
  2. 住所
  3. 役職
  4. 氏名
  5. 連絡先(電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)

問い合わせ先

<事務局2>
日本マイクロソフト株式会社
問い合わせ先 iotcomjpadmin@microsoft.com

<事務局3>
公益財団法人川崎市産業振興財団 事業推進課
問い合わせ先 nagashima@kawasaki-net.ne.jp

<事務局4>
川崎市経済労働局工業振興課
問い合わせ先 28kogyo@city.kawasaki.jp

Top