公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  人材育成事業

人材育成事業

新技術・新製品の登場、アジア圏などでの国際的な競争条件の変化など、中小企業をめぐる環境は大きく動いており、これに対応することのできる人材の育成が急務となっています。財団主催や他団体との共催セミナー、品質・環境管理支援研修講座やビジネスパソコン研修事業などを、中小企業のニーズを捉えながら実施しています。また、知的財産を活用した市内産業の振興を図るため、「知的財産スクール」と「知的財産交流会」を開催しています。 (川崎市からの受託事業)<一部 川崎市指定管理者事業>

事業概要

経営人材育成事業

主催セミナー

最新ITに関する題材やオープンソースの活用などの課題で経営に役立つ情報発信のセミナーや、環境技術革新など技術に関すること、経営に関する最新情報、経営管理、資金調達、財務・会計等をテーマとした「経営革新塾」を開催し、市内中小企業者の支援を行います。また、内容については、一方的な講義だけではなく、少人数による演習による学習形態を取り入れるなど、実務に直結するセミナーとして展開しています。

共催セミナー

市内を中心に活動しているコンサルタントの団体である「かわさき中小企業診断士クラブ」、「かわさき技術士クラブ」等と連携して、中小企業経営者・管理者・実務担当者等を対象に、経営の革新や効率の向上を図るための「経営人材育成セミナー」を開催し、市内中小企業者の支援を行っています。

ビジネスパソコン研修・IT経営セミナー事業

現在、ITは中小企業においても、従業員の情報化育成、業務の効率化に加え、他品種・少量・短納期への対応、業務の可視化による戦略的経営の推進など経営力を高めていくビジネスツールとして、積極的に活用している例が増えています。こうした流れに対応し、川崎産業振興財団では、実務に直結したビジネスパソコン研修講座を開催しています。また、ITを活用した顧客満足や生産性の向上、業務プロセスの再構築、ネットワークインフラ整備による社内コミュニケーションの充実などをテーマとする中小企業向けのセミナーも開催しています。(川崎市指定管理者事業)

品質・環境管理支援研修講座等

企業における営業活動及び生産技術部門の強化等を図るため、国際規格であるISO規格(ISO9001/ISO14001など)認証の取得を支援する研修を開催しています。また、他社との厳しい生存競争に勝ち抜くため、改善活動、小集団活動支援等の各種人材育成研修も開催しています。(川崎市指定管理者事業)

知的財産戦略プログラム(啓発・交流事業)

知的財産を活用した市内産業の振興を図るため、平成19年度に策定した川崎市知的財産戦略に基づき、推進プログラムの重点事業として「知的財産スクール」「知的財産交流会」「知的財産シンポジウム」を開催します。(川崎市からの受託事業)

知的財産スクール

市内中小企業の知的財産に関する認識を高めると共に、知的財産を活用して企業価値の向上を図ることを目的とした実践的な啓発カリキュラムに基づき、年6回程度開催しています。

知的財産交流会

大企業の知的財産を中小企業に技術移転するなど、大企業と中小企業の知的財産を核とした連携促進を図る知的財産交流会を4回程度開催し、年間を通じた知財コーディネーターによるマッチングコーディネートを行います。

Top