公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)運営事業

ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)運営事業

文部科学省「地域資源を活用した産学連携による国際科学イノベーション拠点整備事業」の補助金採択を受けて、川崎区殿町にある国際戦略総合特区(キングスカイフロント)の敷地内に、ライフサイエンス分野における最先端の研究環境を整備したナノ医療イノベーションセンター(iCONM)の管理運営を行っています。当センターは産学官連携によって製造業のものづくり力とアカデミアのナノ医療技術の融合を図ることで、社会に貢献する新たな医療技術の研究と実現を目的とする施設であり、平成27年4月から本格運営を開始しました。

事業概要

ナノ医療イノベーションセンター施設管理運営事業

iCONMは様々な組織に属する研究者が垣根を越えて集い交流することで、革新的アイデアを生み出す“オープンイノベーション”を基本コンセプトとする運営を推進します。運営会議、イノベーション推進会議、安全衛生管理委員会を始め、各専門委員会を開催し、iCONMの運営・研究活動の円滑化を図っています。施設・機器・情報インフラ等を引き続き整備し、利用者にとって必要かつ快適な環境を提供していきます。
また、iCONMの活動を企業、研究機関等に紹介する展示会への出展や、研究交流を促進するセミナー等を開催します。

革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)事業

COI STREAM(文科省プロジェクト)の趣旨・目的を実現するためのプラットホーム「スマートライフケア社会への変革を先導するものづくりオープンイノベーション拠点」(COINS)の中核機関として、独立研究開発法人科学技術振興機構(JST)からの研究事業を受託(受託期間は最長平成34年度まで)し、体内病院の実現に向けて、研究活動・社会実装を推進するとともに、セミナー、国際シンポジウムを開催し、広く研究成果を発信します。また、参画機関研究者が一堂に会し、研究課題等を論議するリトリートを開催し、研究交流を促進します。

  【COINSサブテーマ】

  1. 難治がんを標的化し駆逐できるナノマシン
  2. 脳神経系疾患の革新的治療技術
  3. 運動感覚機能を維持・再生するナノ再生技術
  4. 採血不要の在宅がん診断システム
  5. 超低侵襲治療を実現する医薬・機器融合デバイス
  6. 社会実装に向けて社会システム構築

科学研究費等による独自研究、受託研究、企業等との共同研究の推進

iCONMが文部科学省から研究機関としての指定を受けたことから、iCONMに所属する研究者が科学研究費等を活用して、ナノ医療等に関する独自または受託研究を実施するとともに、企業等との共同研究を推進し、iCONM発研究成果の社会実装実現を目指します。

ア 研究所運営事業

科学技術研究費による独自研究、企業等との共同研究を推進します。

イ 特別推進研究事業

脳内に核酸医薬を送達する高分子ミセルの創製、難治性がん治療を指向する多機能型タンパク質ナノ粒子の創薬等、科学研究費補助金特別推進研究を推進します。

ウ 日本医療研究開発機構(AMED)事業

次世代がん医療創生研究事業をはじめとした研究開発事業を引き続き推進します。

エ リサーチコンプレックス事業

平成28年度採択された、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」(中核機関:慶應義塾大学)のリサーチコンプレックス推進プログラムの参画機関として、分子設計技術とデータサイエンスをコアに、予防医療を実現する融合研究を行います。

問い合わせ先

ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)

公益財団法人川崎市産業振興財団 ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)
〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-14
TEL 044–589-5700  FAX 044-589-5706

Top