公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)施設概要

ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)施設概要

 平成27年4月1日に運営を開始したナノ医療イノベーションセンター(iCONM)の施設概要は、下記の通りです。

建物名称/ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)
建物名称の英文表記/Innovation Center of NanoMedicine
所在地/川崎市川崎区殿町3丁目25-14
主要用途/研究施設
建築主/公益財団法人川崎市産業振興財団
●施設概要
ナノ医療イノベーションセンターは、キングスカイフロントにおけるライフサイエンス分野の拠点形成の核となる先導的な施設として、川崎市の依頼により、公益財団法人川崎市産業振興財団が、事業者兼提案者として国の施策を活用し、整備したものです。
産学官が一つ屋根の下に集い、異分野融合体制で、革新的課題の研究及び研究成果の実用化に取り組む施設です。

●建物概要
施工費用 約35億円(34億4872万5千円)税込
敷地面積 7,999.99㎡
延床面積 9,444.04㎡
階数 地上4階建(高さ19.69㎡)
駐車台数(台) 36台
地域地区 準工業地域
設計期間  2013年5月〜2013年11月
工事期間  2013年12月〜2015年1月
※研究者200人想定で、設計されている。

●主要設備

各機能の規模 (面積) (㎡)
微細加工(クリーンルームを含む) 1階 750
合成系実験室 1、2階 1,250
生化学系実験室 3、4階 1,300
ヒト疾患モデル研究室 4階 500

※合成実験室と生化学実験室の違い
合成実験室は有機溶媒等を使用し化学反応により物質の合成を行う実験室で、ドラフトチャンバー等を設置します。生化学実験室は生体等を扱う実験室で一般生化学実験室に加えP2ハザード実験室(菌や微生物を取り扱う)があります。

●交流機能

 (面積)  (㎡)
 マグネットエリア  2~4階  350
 1階玄関ロビー(上部吹抜け)   1階  180
 4階展望ロビー  4階  40

●会議室等

(規模) (室数)
大会議室 18人用 2
中会議室 12人用 3
小会議室 6人用 1
和室会議室 6人用 1
応接室 4人用 1
●共用実験機器 約10億円(9億9,817万9200円)
●経過
【 平成25年 2月12日 】
文部科学省「地域資源等を活用した産学連携による国際科学イノベーション拠点整備事業」に提案
【 平成25年 3月 7日 】
文部科学省より採択の通知
【 平成25年 5月20日 】
「(仮称)ものづくりナノ医療イノベーションセンター」設計施工
【 平成25年11月14日 】
工事着手
【 平成27年 1月31日 】
竣工引渡し
【 平成27年 4月 1日 】
運営開始
●入居予定企業
3大学、2企業、1研究機関により研究が進められています。
(平成27年7月末現在)
●写真
下記リンク先からダウンロードできます。
●研究内容
研究内容等の詳細については下記ホームページを参照ください。
http://www.kawasaki-net.ne.jp/coins/

問い合わせ先

公益財団法人川崎市産業振興財団
ナノ医療イノベーションセンター
TEL 044-589-5700 FAX 044-589-5706

Top