開放機器 3Dプリンター

かわさき新産業創造センターでは、現在までCADの講習会を開催し、3Dプリンター(Vフラッシュ)で造形も行っていましたが、今回精度の高い3Dプリンター(Projet3510HDPlus)を新たに導入しました。
入居者の他、市内企業様も条件(販売に利用しないこと等)はありますが利用可能です。
書き込み不可のCD−Rでデータを持参して下さい。

  

KBICでは、川崎市内企業を対象に3Dシステムズ社3DプリンタProjet3510HDPlusの開放利用を行っています。

メーカー名:株式会社スリーディー・システムズ
周辺マップ 機種名:Projet 3510HD Plus
主要性能:
造形範囲 HDモード  298 x 185 x 203 mm
    UHDモード 203 x 178 x 152 mm
    XHD]モード 203 x 178 x 152 mm
解像度: HDモード  375 x 375 x 790 DPI 積層ピッチ32μm
    UHDモード 750 x 750 x 890 DPI 積層ピッチ29μm
    XHD]モード 750 x 750 x 1600 DPI 積層ピッチ 16μm
造形スピード: HDモード  5 mm/h
    UHDモード 2.5mm/h
    XHD]モード 1.7mm/h
本装置は光硬化型の樹脂を積層するタイプの3Dプリンタで、高い解像度により滑らかな面の造形やシャープなエッジを実現できることが特徴です。
造形樹脂には、造形物の内部構造を確認しやすく強度も高い半透明なプラスチックタイプを準備しています。熱で融解するサポート材は、物理的な力を加えずに除去できるため、精密なモデルの造形が可能です。
ご利用の際には、3D用の3Dデータ(STL形式)をご持参ください。
詳しい利用方法は利用規定をご覧ください。

カタログダウンロードURL
http://www.3dsystems.com/sites/www.3dsystems.com/files/projet_3500_plastic_0714-a4-jp-web.pdf
利用細則ダウンロード 
利用細則はこちら 

 

造形例


 

 

Copyright(c) 2014 かわさき新産業創造センター(KBIC) All Rights Reserved.