公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  産学・企業間連携 >  技術シーズ提供セミナー

技術シーズ提供セミナー

川崎市産業振興財団は、産学連携の推進による新産業の創造、市内企業の新たなビジネスチャンスの創造等を図るため、市内外の大学等研究機関が持つ技術シーズを紹介するため技術シーズセミナーを開催しております。
平成25年7月10日~12日にKSPで開催された「テクノトランスファー in かわさき2013」の産学連携コーナーで実施し、たくさんの方々に御受講いただきました。

セミナー開催メニュー

平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度

平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度平成14年度

平成25年度開催

2013.7.10(水)開催

「モバイル端末で操作可能な超音波遠隔診断ロボットの実用化に向けて」
「加速度センサやジャイロなどを用いた人間の歩行や行動評価に関する計測技術」
「寒冷地工学の拠点形成を目指して地の利を活用し北見工業大学が取り組む特徴ある研究」
「身近になってきているロボット技術」
「光インタコネクションを実現するためのmicro-sized光接続デバイスとマルチビーム照射方式によるレーザ速度計の高機能化」

2013.7.11(木)開催

「有機フォトクロミズム:色と構造と機能の光による可逆変化」
「連携型ビジネスモデルを作ろう~医療現場発ニーズ・シーズのご提案」
「今求められている放射能測定提供と放射線・エネルギー教育研究活動」
「ストレスの可視化によるヘルスサポートシステムの開発」

2013.7.12(金)開催

「次世代型メディアサービスとネットワークシステム」
「明星大学発新技術および産学連携事例のご紹介」
「グローバル生産を支援するビジネスコミュニケーションツールおよび工作機械輸出のための精度検査」
「インバータ波印加時の電気絶縁材料の劣化」

平成24年度開催

2012.7.11(水)開催

「データ同化:防災・バイオ・建設分野へ応用可能な次世代シミュレーション技術」
「リスクマネジメント手法による企業・インフラの防災体制作り」
「ロボットセンサネットワークの研究について」
「光グラフト重合によるポリマーの物性制御および接着性向上」

2012.7.12(木)開催

「ナノスケールテンプレートを用いたナノ機能材料のデザイン」
「ものづくり中小企業の現場で成功する敷居の低い産学連携の取組み」
「メカトロ&ロボット分野における仙台市・地域連携フェローの取組み」
「光切断可能な架橋剤の開発とその応用」
「熱可塑性CFRP自身の抵抗を利用したジュール発熱による融着法」

2012.7.13(金)開催

「大学の知財を使ったビジネスモデルを作ろう~医療現場発のニーズ・シーズのご提案~」
「Mg合金、Al合金の結晶粒超微細化-高速ねじり押出し法の開発-」
「金属の分離回収方法」「製品開発事例-問診システム、音楽用CD、シューズ-」

平成23年度開催

2011.7.6(水)開催

「医療現場発のものづくりへのニーズと成功事例」
「開閉を制御可能なタンパク質性ナノカプセル=薬物の時空間的制御を目指したドラッグデリバリーシステムへの応用を目指して」
「最新屋上緑化事情・太陽光パネルとの複合利用」

2011.7.7(木)開催

「知財群活用事業のご紹介及び介護者支援用パワーアシストスーツの開発」
「知財群活用事業 新規環境用センサーの取り組みについて」
「接合困難な金属材料を接合させる技術 ~広範な材料へ適用可能な接合技術・ろう付技術の底力~」

2011.7.8(金)開催

「裸眼3D表示及び工業用画像処理」
「過酷な地震動に備えるローコスト&ハイロバスト建築構造システムの開発」
「エネルギーマネジメントセンサネットワークによるGreen by IT」

平成22年度開催

2010.7.7(水)開催

「エネルギーモデルによる機械製品の振動・騒音低減手法の開発」

2010.7.8(木)開催

「ワンチップマイコンを用いた機器・システムの構成について」
「公的資金を活用して産学連携を目指す!-JS採択課題の紹介-」
「超臨界流体による微量化学分析」

2010.7.9(金)開催

「環境中の有害物質不溶化剤「カテナチオ」について」
「食品の成分複雑性を重視した新しい食品成分分析法の開発」
「ゲーム理論による製品戦略への科学的アプローチ」
「ノンプログラミングのWebアプリケーション開発技術について」

平成21年度開催

2009.7.8(水)開催

「金属材料表面の高機能化材料及び加工技術の開発」
「機能的電気刺激によるリハビリ」
「画像処理技術とその応用-顔と視線方向の自動検出を中心として-(仮称)」
「脚・車輪・飛行ロボットの可能性」

2009.7.9(木)開催

「大気および海水中における耐食材料の腐食メカニズム」
「現場からの改善とSCMを考えたデジタル生産システム」
「投射型無線センサネットワーク端末の開発」
「計算機ホログラムのトレーサビリティへの応用」

2009.7.10(金)開催

「移動中の安全・安心を支えるヒューマンインタフェース」-シミュレータを利用した設計・評価-
「ヒューマン・フレンドリーロボットのためのメカニカル安全装置の開発」
「PCのライフサイクルを伸ばし買い替えを抑える元気化」

平成20年度開催

2008.7.9(水)開催

「協調学習用グループウェアGWEの開発と授業への適用」
「移動ロボットの自律ナビゲーション技術」
「医療事故を防ぐ工学技術 新型喉頭鏡と新型気管チューブ」
「ナノテクを用いた熱測定技術の進展」
「バーチャルリアリティが開く新しい世界」
「高機能分子複合材料から有機ナノスケール材料へ」

2008.7.10(木)開催

「大学でのアナログCMOS集積回路研究 ―環境・成果・課題―」
「安定同位体分析による食品のトレサビリティ」
「鉄を使って二酸化炭素を集める・鉄から水素を作る」
「人にやさしい機器を開発するための人体計測技術」
「マル秘””おもしろミニ研究””」

2008.7.11(金)開催

「口腔咀嚼モデル器による咀嚼中放散香気の捕集測定 ―咀嚼頻度・咀嚼力・磨潰し回転角度・呼気流速の影響を探る―」
「実装スクールの主旨・成果と今後の事業展開」
「顕微鏡・CTを超えるシミュレーション ― 電子デバイス・材料から生体骨まで―」
「水だけで油分を洗い流す画期的な洗浄技術」

平成19年度開催

2007.7.11(水)開催

「癌温熱治療用非接触加温装置の開発」
「高推力スパイラルモータの開発と応用」
「愛玩動物の微量サンプルを用いた感染症診断法の確立」
「唾液アミラーゼ活性によるストレス緩和効果を指標にした河川環境の評価手法」
「高密度配線形成を目的とした電気めっきにおける新規添加剤の開発」

2007.7.12(木)開催

「機械部品の価値を高める技術-低コストな振動騒音対策-」
「マイクロプロセッサを応用したシステム開発」
「大気圧マルチガスプラズマの生成と半導体,環境,製造技術等への応用」
「コンパクト磁気浮上モータとその血液ポンプへの応用」
「電磁気を利用した非破壊計測・検査技術」
「スイッチトリラクタンスモータの動作およびセンサレス制御」

2007.7.13(金)開催

「携帯型健康監視システム用血液採取マイクロポンプの開発」
「移動通信に適した符号化三相位相変調方式」
「超高温プラズマが拓く美しい未来」
「よこはま高度実装技術コンソーシアム(YJC)の活動紹介」
「謎の大型トラック横転事故を未然に防止する魔法の技術誕生!!」

平成18年度開催

2006.7.12(水)開催

「腱駆動式運動機能訓練装置の開発」
「レーザを使ってこんな遊びができます ―透明材料の変質からシリコンの穴あけまで―」
「未来を拓くバイオセンサ ―環境計測,食品衛生,生体計測への利用―」?
「生体触媒の応用」

2006.7.13(木)開催

「地下貯蔵タンク及び配管から土壌中への汚染物質漏洩の早期検出法」
「医学に使える光技術:細く曲がりくねった管に治療用の管を簡単に入れる、縫わなくても生体組織は光でくっつく、他」
「過冷却水の新しい凝固技術」
「VOC抑制へのVPSA技術の開発」
「バイオエレクトロニクス、ナノテクノロジー、LSI回路を融合したバイオ・ナノハイブリッドセンサの開発」

2006.7.14(金)開催

「創形・創質プロセスによる金属材料の高度部材化技術」
「先進的画像処理によるセキュリティのための移動体検知手法」
「カーボンナノチューブを用いた電気二重層キャパシタの開発」
「薬用植物の利用」

平成17年度開催

2005.7.6(水)開催

「免疫機構と人工知能~免疫機能で機械を知的に制御する」
「弱冷風加工法の開発」

2005.7.7(木)開催

「カタログから見えないカップリングの諸特性」
「コミュニケーションロボットの現状と課題」
「空気圧サーボシステムの研究開発」
「人の体を測る技術とその健康・福祉への応用」

2005.7.8(金)開催

「プラズマによる廃棄物処理」
「Web上のデータベースアプリ開発支援ツールとそれを用いて開発された実用的なWebアプリ事例」
「パワーアシストスーツの開発」
「炭素材料が開く新電気エネルギー技術」
「アルマイト触媒の環境技術への応用」

平成16年度開催

2004.7.7(水)開催

「大学とうまくつきあって元気になろう」
「環境破壊物質除去技術の開発とその応用」

2004.7.8(木)開催

「新しい有機薄膜作成法、高含有複合めっきと応用展開」
「エネルギーと材料の優しい関係」

2004.7.9(金)開催

「屋上緑化、壁面緑化の最新技術動向」
「超臨界二酸化炭素による微量化学物質の抽出と分析-機能性食品の開発および環境汚染物質の検出を目指して-」
「古くて新しい?腱駆動ロボット」

2004.12.16(木)開催

「中小企業のネットワーク戦略 ~産産、産学連携による地域の成功事例」
「自動車や飛行機に安全を提供するものづくり」
「すべてをクリーンに.....クリーンエアー、クリーンウオーターからクリーンエネルギーまで」

平成15年度開催

2003.7.9(水)開催

「建物への別れの告げ方」
「リサイクル可能な生物資源から医薬・新材料へ」

2003.7.10(木)開催

「流体圧利用のモータ、ウェアラブル及びレスキュー機器」
「ACモータドライブの実際と研究動向」

2003.7.11(金)開催

「バイオを利用した省エネ型二酸化炭素の大量処理方法」
「ユビキタス・モニタリング社会のための新しいセンシング・デバイス」
-ウエアラブルセンサ&バイオスニファ-

2003.12.11(木)開催

「明治大学の産学連携の事例」
「最近の省エネ・自然エネルギー利用技術」
「感性による食-“コト・モノ”つくり」
「中小企業技術革新制度(SBIR)の紹介」

2004.1.14(水)開催

「ナレッジマネージメント再考 その活用の為に」
~コラボレーション・ツールの現状と未来~

平成14年度開催

2002.7.24(水)開催

「時速300km 電気自動車“KAZ”の開発」

2002.7.25(木)開催

「インターネット対応型遠隔立体視システム」

2002.7.26(金)開催

「柔らかい動きをする福祉用介護ロボット・機器」

2002.11.26(水)開催

「環境技術・ダイオキシン除去高分子膜の開発」
「光等による植物の成長支援システム」 明治大学知的資産センター
「産学共同の進め方・手続きについて」

2002.11.27(木)開催

「マルチメディア情報環境のための新しいディジタル信号処理の開発」
「知的情報検索・感覚処理ソフトコンピューティングの開発」 明治大学知的資産センター
「産学共同の進め方・手続きについて」

2003.2.5(水)開催

「ダイヤモンド・カーボン市場の新展開」
「中小企業技術革新制度(SBIR)の紹介」

問い合わせ先

新産業振興課

公益財団法人川崎市産業振興財団
TEL 044-548-4113(代)  FAX 044-548-4146
E-mail :liaison@kawasaki-net.ne.jp

Top