利用方法

電話・ファックス・メール・Webフォームでご相談ください。
TEL:044-541-5232/5233
FAX:044-544-2930
kobs@kawasaki-net.ne.jp
Webフォームはこちら


業務時間

月曜日~金曜日
午前8時30分~午後5時15分
※祝日・12月29日~1月3日除く


所在地

〒212-0013
神奈川県川崎市幸区堀川町
66番地20
川崎市産業振興会館7階


ICT治具 KIS

本ホームページは、住みなれたまちで、誰もが自立して楽しく安心して暮らせることを目指した川崎市独自の福祉製品のあり方を示した基準「かわさき基準(通称:KIS)」の認証を受けた、ICT治具(ダンウェイ(株))で作成しています。

相談事例(成功事例)

●海外展開の可能性検討支援事例(A社)●
【相談内容】
中国で20年余の工場経営の経験のある各種計測器用精密部品を製造するA社は、最近の中国での人材確保の難しさに加え、賃金の高騰傾向を懸念し、中国工場は継続するとしても、賃金の安さが期待できるアジア諸国での工場設立の検討を開始。その候補地としてのラオスとバングラデシュの両国の事情について。
【KOBS支援内容】
それぞれの国情に精通したコンサルタントを紹介し、現地事情、特に労働市場のアドバイス支援を実施。バングラデシュでは現地に進出している川崎の企業を訪問して事情を聞くなどトップの決断の資料を提供した。
【支援後のA社の海外展開】
最終的にバングラデシュに焦点を合わせることとなり、バングラデシュで工業団地を運営し日本企業を支援する在日バングラデシュの会社の案内で現地視察を行い、短期間の間に会社設立登記の申請、工場建設の手続を行うなど、本格的進出の取り組み過程にある。
●海外での販路開拓支援事例(B社)●
【相談内容】
海外現地法人では、主に現地日本企業への販売を行っているが、今後は現地企業(中華圏)へも販路拡大を検討中。同社海外拠点強化のための労務や委託方法について。
【KOBS支援内容】
社内体制強化・対象地域選定・現地拠点運営に関わる法規制や商習慣など現地の最新情報を提供。知的財産に関わる支援も行った。川崎市の展示会・商談会の情報提供も実施。
【支援後のB社の海外展開】
現地での販路開拓に向け、現地企業との提携について検討中。知的財産については国の支援を受け進めていく予定。
●海外での販路開拓支援事例(C社)●
【相談内容】
海外(アジアなど)へ自社商品の販売に向け、市場調査・販売方法の検討・リスクヘッジについて。
【KOBS支援内容】
海外展開3カ年計画を作成。C社の商品はピンポイントな高品質・技術の商品のため、市場調査、販売方法、販売地域、現地の規制などについて情報提供やフローチャート、現地データ提供を行った。川崎市の展示会に出展し、フォローアップ支援を定期的に行っている。
●海外企業との契約締結に向けた支援事例(D社)● 
【相談内容】
北米企業日本法人との売買契約、北米式契約文書作成について(製造業)
【KOBS支援内容】
D社は医療用機器部品を製造している。北米の規制調査や賠償責任条項の細部含めた契約文書作成のアドバイスを行った。
【支援後のD社の海外展開】
契約を締結し、納品に至っている。
●現地法人設立に向けた支援事例(E社)● 
【相談内容】
中華圏における現地法人設立について(製造業)
【KOBS支援内容】
E社が海外で販売するための拠点を設けるための、設立地域の決定・対象地域の情報・規制・法律・費用・税制などアドバイスを行った。
対象地域が川崎市と提携を結んでおり、提携先からの情報も提供した。
【支援後のE社の海外展開】
現地法人を設立し、自社商品の販売を開始している。販路拡大に向けた積極的な活動を行っている。
●海外関連補助金の申請支援事例(F社)● 
【相談内容】
海外(アジア)展開における補助金・支援サービス採択について(製造・サービス業)
【KOBS支援内容】
国の海外展開補助金を紹介、国の機関との仲介を行い、申請書作成のアドバイス支援を行った。結果採択に至り、市場調査を開始している。
【支援後のF社の海外展開】
補助金や自社資本による市場調査、対象地域を決め、提携先選定を行っている。
今後は対象地域を広げてニーズ調査や販路開拓を行う。
ページトップへ

コーディネーターの紹介

中野氏写真(180px×240px).jpg

<中野幹夫コーディネーター 自己紹介>
※主に中華圏を除くアジア地域・中東を担当

電機メーカーの営業として、インドネシアへのIT製品の売り込みを皮切りに、20年以上にわたり海外営業を担当しました。主として東南アジア地域向けの営業活動に従事し、インドネシア・ジャカルタで3年間の駐在経験があります。インドネシアの他には、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピン、台湾などのユーザーとの直接取引経験を有し、商慣習等にも精通しています。又、アジア地域以外でもイラク、リビアなどの中東諸国への販売経験もあります。電機メーカー勤務後は、IT関連の財団法人に3年間勤務し、IT関連企業への海外進出のサポートを実施、直近の2年間は、搬送機器製造メーカーにおいて、タイ・インドネシアの現地顧客への売り込みに従事しました。

<海外展開を目指す企業様へのメッセージ>

2015年末、ASEAN経済共同体が発足し、益々東南アジア地域の戦略的優位性や
市場としての有望性は増大する傾向にあります。上記のような自身の海外経験を基に
東南アジアを中心としたアジア地域・中東諸国への進出を計画している川崎市内の企業の皆様の海外進出を全力で支援させて頂きますので、どのような細かいことでもご相談頂ければ幸いです。


好則コーディネータ.jpg

<鈴木好則コーディネーター 自己紹介>
※主に欧州・米国などを担当

電機メーカーの技術者として米国及びカナダの客先に出向社員として駐在したのを皮切りに、米国で自社ブランド商品の商品企画、マーケティング、中南米への輸出を含む営業を担当しビジネスをマスターしています。その後工場技術責任者としてフィリピン工場での技術、生産技術、品質管理を担当し、現地技術者の採用から教育までを行い工場運営も経験しています。さらに中国の合弁販社の副総経理として商品企画、許認可の取得、販売を行い、合わせてこれらの商品を台湾、韓国に加えタイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン等東南アジア各国にも販売し発展途上国とのビジネスも充分に経験しています。又中東のドバイ、イスラエルを含めたヨーロッパ各国へも欧州営業責任者としての販売経験をしています。

<海外展開を目指す企業様へのメッセージ>

上記のような自身の海外経験とネットワークを基に特に欧米を中心とした発展途上国への進出を計画している川崎市内の企業の皆様の海外進出のご支援をして行きたいと思います。又技術職としての海外工場での駐在経験も活かし販路開拓等の営業的な面の支援に加え工場進出の為の製造、生産技術、品質管理面からのお手伝いもさせて頂きたいと思います。今後TPPの進行等から海外特に東南アジアとの協力関係は不可避になる物と思われます。但し海外進出する事は企業の命運を左右する決定にもなり兼ねませんので十分な事前調査、準備をした上で慎重な進出方針の決定が必要になると思われます。自身の今までの経験と外部のネットワークも活用した上で海外進出をご検討の企業様へのあらゆる面からのご協力をさせて頂きたいと思います。

平石氏写真修正(180px×240px).jpg

<平石隆久コーディネーター自己紹介>
※主に中国大陸・香港・台湾・韓国・シンガポールを担当

大手電池メーカーで30年以上海外事業に携わってきました。この間に自動車部品・通信機器・民生電気電子機器の各業界での経験を積んできました。その後、中小規模の会社で海外事業推進のお手伝いをする中で、自動車機器・電気部品・照明機器・精密機械・生産財・電子部品・カーオーディオ・EMS・基板実装・大型印刷機・印刷看板・建築部材などの多彩な業界で海外事業推進の仕事を進めてきました。海外営業では北米・中南米・アジア・オセアニア・欧州などの地域をローテーションで担当しこれら地域での営業の経験があります。M&AでのF/Sも含めた経験、海外代理店契約・海外合弁契約・海外技術供与契約・海外現地法人の清算などの国際法務の経験と併せて、P/L・B/S・C/Fを含む事業計画の作成など国際財務の経験もあります。米国・ドイツ・中国・シンガポール・タイ・ベトナムと18年間に渡って海外に駐在して国際事業に携わってまいりました。特にドイツ・中国・シンガポール・タイでは総支配人・総経理・駐在事務所長・社長として海外現地法人の責任者を勤めました。海外現地法人経営・海外事業推進・海外調達・海外営業・海外進出・海外拠点立ち上げなど海外関連事業のノウハウを持っています。

<海外展開を目指す企業様へのメッセージ>

今後世界のビジネスは更にグローバルな展開が進んでいくと思います。TPP展開も本格的に始まり、日本企業の世界との関係もより深くなると思います。そのような環境の中で、海外展開を計画している川崎市内の企業の皆様の海外事業推進のお手伝いをさせて頂きます。どのようなことでも、遠慮なくご相談ください。

ページトップへ

相談方法

相談方法

直接来訪、メール・電話・ファックス・Webフォームからご相談ください。

・営業時間
 月~金(祝日・12月29日~1月3日除く)
 午前8時30分~午後5時15分

・直接ご来訪される場合
 事前に電話もしくはメールにて連絡の上、ご来訪ください。

・メールでのご相談
 
kobs@kawasaki-net.ne.jp にご連絡ください。

・電話・ファックスでのご相談
 TEL:044-541-5232/5233
 FAX:044-544-2930

・Webフォームからのお問い合わせ
 必要事項をご記入の上、送信してください。
 ⇒
Webフォームはこちら

ページトップへ