公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  刊行物・新聞記事 >  新産業政策研究かわさき >  『新産業政策研究かわさき2003』 創刊号

『新産業政策研究かわさき2003』 創刊号

―インキュベーター必読!―

学識経験者、政策立案者、そして現場実務者が寄稿した「イノベーション・システム」に関する論文集です。
ページ数
全文222ページ
定価
1,000円(税込み)
発行
(財)川崎市産業振興財団新産業政策研究所(ISSN 1348-477X)
発行人
新産業政策研究所 久保 孝雄
責任編集
原田 誠司/植松 了
販売場所
(財)川崎市産業振興財団 KBIC事務室

目 次

■創刊にあたって 久保孝雄

■特集1 アジア・サイエンスパークの時代

アジア・サイエンスパ-ク・ネットワークの形成と発展
久保孝雄
アジア・サイエンスパ-ク協会の展望と課題
李 鐘玄
New Frontier of the Entrepreneurial Economy in Japan
平尾光司
第6回アジア・サイエンスパ-ク大会報告
小泉幸洋

■特集2 地域イノベーション・システム形成への視点と展望

日本のベンチャー・ビジネス ―その発端と背景―
飯沼和正
日本のベンチャーキャピタル ―その展開と課題―
平尾光司
日本の産学公(官)連携の現状と課題 ―東海大学を中心に―
内田裕久
大学発ベンチャーを実現するワンストップサービス機能 ―早稲田大学を中心に―
新川雅之
シリコンバレーに何を学ぶか
秦 信行
欧米の産業クラスターとインキュベ一ション
真野博司
インキュベーション・システムをどう考えるか ―欧米の事例を中心に―
藤末健三
シュタインバイス・モデルとは何か ―その特徴とシステム―
小堀幸彦
インキュベーション・マネージャーの役割と仕事
清水 周
地域イノベーション・システム試論
原田誠司

■特集3 サイエンスシティ川崎への胎動

対談:産業都市・川崎の再生にむけて
阿部孝雄
鳥海光弘
「KSPモデル」の創生・展開・再構築
馬場昭男
新川崎・創造のもりの形成にむけて
平岡陽一
飯沼 契
川崎臨海部 ―環境テクノ・ハブへの始動―
植松 了
日本一の地域プラットフォームをめざして
宮田浩光

■資料

科学を市民の手に ―サイエンスシティ川崎をめざして―
サイエンスシティ川崎戦略会議

■エッセー

システムを変革する時代
石川久雄
財団の事業現状寸景
井上裕幸
北京市街と中関村
君嶋武胤
人材育成は開放系のネットワークの中で
大矢野修
Top