公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  刊行物・新聞記事 >  新産業政策研究かわさき >  『新産業政策研究かわさき2004』 第2号

『新産業政策研究かわさき2004』 第2号

―川崎のイノベーションがまるごとわかる一冊―

学識経験者、政策立案者、そして現場実務者が寄稿した「イノベーション・システム」に関する論文集です。
ページ数
全文318ページ
定価
1,000円(税込み)
発行
(財)川崎市産業振興財団新産業政策研究所(ISSN 1348-477X)
発行人
新産業政策研究所 久保 孝雄
責任編集
原田 誠司/安藤 努
販売場所
(財)川崎市産業振興財団
流水書房(かながわサイエンスパーク1階)
川崎市役所本庁舎及び各区売店
KBIC事務室

目 次

■第2号発刊に添えて 上裕幸

■特集1 サイエンスシティ川崎シンポジウム

主催者あいさつ・人間に奉仕する環境、福祉産業の振興へ
阿部孝夫
基調講演・地域におけるイノベーションの方法
古川勇二
パネルディスカッション―新たなイノベーションシステムの構築をめざして―

■特集2 川崎ベンチャーバレーの形成へ

川崎ベンチャーバレーの形成へ
原田誠司
新技術開発と産学連携―超精密金型の開発をめざして―
牧野俊清
新技術開発と産学連携―中小企業の製品開発スタイル―
辻 永
シリコンバレー発ベンチャーの実践的教訓
田辺英二
慶応義塾・大学発ベンチャーの成長―㈱SNT―
白鳥世明
NECにおけるコーポレート・ビジネス・デベロップメント
戸本正雄
石原 剛
富士通におけるコーポレートベンチャリング活動
中村裕一郎
「かわさき起業家選抜ビジネス・アイデアシーズ市場」事業とその実績
安藤 努
中村 豊
KBICの展開 ―スタート1年間の総括と方向性―
小泉幸洋
NEDOにおけるベンチャー等に対する助成事業の展開
寺門 守
東芝の研究開発戦略
有信睦弘
日本電気の研究開発戦略
渡辺久恒
JFEの新規事業戦略と臨海部再生
小倉康嗣
温故知新の新産業創造基地としてKSPモデルの再構築
山田長満
KASTの新展開に向けて―光触媒、ベンチャー、理科教育―
藤嶋 昭
川崎市における臨海部の再生に向けた取組み
原田津一
新百合ヶ丘駅周辺地区における「映像文化都市」実現化への試み
本木紀彰
“川崎には、音楽がよく似合う”―ミューザ川崎シンフォニーホールの誕生の背景と課題―
片井博美

■論稿

川崎市の地域経済構造とマクロ産業政策の方向性
徳田賢二
神奈川県の科学・技術 ―KAST・OBの視点から―
内田裕久
神奈川県の京浜臨海再生及びベンチャー企業振興についての政策提言
藤末健三
岩手大学を中心にした産学官連携ネットワーク
原田誠司
日本企業の中国進出・その現状と課題
増田辰弘
未来成長産業のための科学技術競争力強化
―IMD評価から見た韓国経済の課題―
鄭 鎮鎬
趙 佑鎮
インドIT産業の発展とサイエンスパーク
平尾光司

■エッセー

川崎臨海部にアジアとの共生の拠点を
久保孝雄
疑問に感じていたこと
伊藤久男
「無限」あれこれ
植松 了

■報告

第7回アジアサイエンスパーク会議に参加して
―台湾・韓国のインキュベーション事情の紹介―
飯沼 契

■資料

NPO法人 産業・環境創造リエゾンセンター(申請中)が発足。

Top