公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  刊行物・新聞記事 >  新産業政策研究かわさき >  『新産業政策研究かわさき2007』 第5号

『新産業政策研究かわさき2007』 第5号

―イノベーション都市川崎が丸ごとわかる一冊―

学識経験者、政策立案者、そして現場実務者が寄稿した「イノベーション・システム」に関する論文集です。
ページ数
全文343ページ
定価
1,000円(税込み)
発行
(財)川崎市産業振興財団新産業政策研究所
(ISSN 1348-477X)
発行人
新産業政策研究所 原田 誠司
責任編集
原田 誠司
横井 文良
販売場所
(財)川崎市産業振興財団
丸善(川崎ラゾーナ店)
流水書房(かながわサイエンスパーク1階)
川崎市役所本庁舎及び各区売店
KBIC事務室

目 次

■巻頭言

イノベーション都市川崎へ向けて
君嶋武胤

■特報

第1回モノづくり連携大賞 日刊工業新聞社賞を受賞!
櫻井 亨
「産学連携・試作開発促進プロジェクト」の取り組み
櫻井 亨

■特集1 21世紀型都市イノベーション

都市集積と都市・産業政策―川崎市都市・産業政策への視点―
杉浦章介
川崎商業のあり方と“ラゾーナ川崎プラザ”開業のインパクト
島村美由紀
アジア起業家村の建設に向けて
福芝康祐
マイコンシティの経済波及効果分析
―2000年川崎市産業連関表を活用して―
青木成樹
川崎市の都市競争力に関する一考察
―アメリカの50都市と比較して―
望月 宏

■特集2 川崎・多摩川イノベーションバレーの展開

明治大学における産学連携活動の現状と将来
山元 洋
インビボシステムの事業化
―実中研グループが目指すもの―
野村龍太
KSPの第2ステージに向けて
―創立20周年を契機に、神奈川からアジアのKSPを目指して―
瀧田 浩
神奈川科学技術アカデミー/KASTの新展開
久保田紀雄
新川崎K2(ケイスクエア)タウンキャンパスの現在
富澤英治
かわさき新産業創造センター(KBIC)の現状
―開設4年が経過して―
五味幸雄
アジア起業家村構想推進に向けた取り組み
村上啓一
北京中関村地区との産業交流
―ジェトロLL事業の成果を踏まえて―
福芝康祐
味の素㈱研究所の取り組み
―おいしく食べて健康づくり―
三輪清志
イノベーションのための仕組みとしての「コーポレート・ベンチャリング」の可能性
中村裕一郎

特集3 日本の再生に向けて―元気都市川崎から―

対談
川崎市長 阿部孝夫 VS キヤノン株式会社社長 御手洗冨士夫
対談
川崎市長 阿部孝夫 VS 味の素株式会社社長 山口範雄

■論稿

市民経済計算データから見た川崎市の成長構造変化
田中隆之
姜 楠
川崎市の税収構造―全国値との比較
原田博夫
マウジダ・ アブドワイット
川崎市における産業政策と都市政策の展開
原田誠司
産業クラスター計画の現状と今後の展望
堺井啓公
新経済成長戦略と地域活性化の方向
真野博司

■エッセー

第10回ASPA大会とイランの印象
志茂 武
中国安徽省合肥市との産業交流
植松 了
日本企業の生き残りと中国の活かし方
―中国市場挑戦の課題―
筧 武雄

■報告等

かわさき起業家オーディション ビジネス・アイディアシーズ市場の展開
―平成18年度―
小泉和明
「国際環境特区」の取り組み
―川崎臨海部の活性化による産業の再生をめざして―
小山 孝
川崎臨海部におけるエココンビナートの推進
―産業と環境の調和を目指して―
木田幸生
「音楽のまち・かわさき」をめざして
―ミューザ川崎シンフォニーホールの状況について―
田巻耕一
アジアサイエンスパーク協会
ASPA第10回大会報告
酒井賢二
川崎駅周辺市街地の活性化に向けて
若松秀樹

■調査等紹介

「新事業展開への挑戦」技術シーズ・ニーズ調査事例集PartⅡ
櫻井 亨
川崎元気企業発掘調査報告書
仙田二郎
川崎市内中堅・中小企業経営実態調査報告書
小泉幸洋
「サッシ開閉補助装置開発プロジェクト」実施報告書
横井文良
リハビリテーション専門職と中小企業技術者の視点で見た福祉用具の課題と可能性調査報告書
西沢道子
続・川崎元気企業
原田誠司

■情報ボックス

川崎市産業振興関係記事一覧

■関連資料等

新産業政策研究所活動経過等
Top