お知らせ

NEW
「大同大杯」をスケジュール(5月)に追加しました
2014-04-18
NEW
よくある質問を更新しました。
2014-04-18
NEW
かわロボサロン日程をスケジュールに追加しました。
2014-04-03
NEW
WEBサイトを公開しました
2014-03-31

昨年の大会の模様

各位

第21回大会参加者募集中です。エントリーシート締切は5月2日。

第21回大会への参加申し込みをお待ちしております。
メール送信後2,3日中に返信がございません場合は、お手数ですが直接事務局までお問合せ下さい。
※業務時間 平日9時~17時

第21回かわさきロボット競技大会事務局

かわさきロボット競技会とは・・

近年、ものづくり基盤技術は、産業構造の変化や熟練技能者の高齢化、また、若年者のものづくり離れが進み、その衰退が懸念されています。

このため、当財団では、平成6年度から青少年のものづくりに対する関心と理解を深め、これを支える創造性に富んだ人材の育成を図るため「かわさきロボット競技大会」を開催してまいりました。

本大会も来年度で21年目を迎えますが、引き続き、ものづくり都市「川崎」に蓄積された技術や人材をさらに発展・継承させるため、“ 若者のものづくり登竜門” として、総合技術的なロボットの製作を通じ具体的なものづくりを体験する場を提供し、次世代産業を担う技術者の育成、技術力の向上を図ります。

参加者からのメッセージ

所属 佐藤ロボット研究所
佐藤 豊 氏(7~17、19~20回参加)

子供の頃からロボットアニメを見ていた影響でずっと自分でロボットを造りたいと思っていましたが、素人には造れないと思い込んであきらめていました。
そんな中1999年秋にかわロボ機体を見てコンピュータ制御を使わずに機構を工夫する事で歩行ロボットが造れるのだと知り、第7回大会から出場するようになりました。
かわさきロボットは二足歩行ロボットより注目度は低いと思いますが、災害救助ロボットや惑星探査ロボットに発展し得る可能性を秘めたロボットだと思い、自分の機体が世の中に役に立つ要素は何だろうと考えながら製作しています。
かわさきロボットは自分がロボット製作を始めた原点であり、自分が造っているロボットの中で人の役に立てる可能性が一番高いロボットだと思っています。ですから、これからも参加し続けていきたいです。

所属 Team-K314
横溝 忠善 氏(15~20回参加)

かわロボとの出会いは学生時代に、なんとなく入った部活の活動のひとつでした。
卒業し、社会人になってなお続けているこの大会、今ではライフワークとなっています。
ただ強いロボを設計出来るだけじゃダメ、上手に作れるだけでもダメ、操縦が上手いだけでもダメ。
最強のロボなんて無い、くじ運も必要、つまり何があるかわからないから準備をたくさんしなきゃダメ。
ダメダメ言ってきましたが、そのダメの数だけ楽しみがあるのだと思います。 今年も優勝目指して頑張ります。

Copyright © 2014 川崎市産業振興財団