テクノ・クエスト部門

テクノ・クエスト部門とは

第23回大会からかわさきロボット競技大会(以下「大会」とする)バトルロボット部門の上位企画として競技をスタートし、本大会より正式に「テクノ・クエスト部門」として位置づけた。大会のレベルアップのため、昨今のロボットのトレンドや新製品、新技術からテーマとなる課題を設定し、これをクリアすることで、大会参加者の強みであるチャレンジ精神の誘発をさらに進めるものとする。
前回の競技の様子

部門概要

大会実行委員会が提示する課題について、必要な機体を設計、製作し実際の競技フィールドにおいてこれをクリアするとともに、これに要する時間を競う。なお、事前に必要な書類を提出するものとし、機体とあわせ、課題をクリアする過程等について審査を行い、優秀なものについて表彰する。

参加資格(機体の仕様)

  • ベースとなる機体の仕様は、原則として第24回かわさきロボット競技大会バトルロボット部門競技規則に準ずるものとする。
  • 課題をクリアするための機器や規則の適用範囲を超える場合については、その旨提出書類に記載すること。
  • なお、過度な規則逸脱は審査の後減点の対象とする。

募集チーム数

  • 10チーム(高校生以上の1名以上4人以下でチームを組んでください)
    ※申込多数の場合、書類審査にて選考致します。

参加チームの決定

  • 提出いただいた申込書類に基づき大会実行委員会で審査を行います。参加の可否は書面にて郵送します。

会場

  • 川崎市産業振興会館 4階展示場 (川崎市幸区堀川町66-20)

スケジュール

  • 平成29年9月29日(金) 募集要項発表
  • 平成29年11月1日(水) 課題詳細発表
  • 平成29年12月1日(金)    応募受付開始
  • 平成30年1月12日(金)    応募受付締切
  • 平成30年3月21日(水・祝)  テクノ・クエスト部門発表会

提出書類

  1. エントリーシート(参加者名・団体名(学校名)・連絡先を記載)
  2. プランニングシート(企画の背景や設計思想等が記載された企画書)
  3. 行動計画書(ロボットの動作、機能の仕様書)

mail

審査について

ア) 審査員
● 第24回かわさきロボット競技大会実行委員 及び 関係企業

イ) 審査項目(静的審査)
1. プランニングシート評価
● 企画背景・設計思想・応用期待
● 安全性、コストの評価等

2. 行動計画書評価
● 課題をクリアする設計の適切さ・加工性、整備性
● 課題をクリアする目標分数(10分以内)

ウ) 実機審査(動的審査)
● 行動計画書の仕様等を満たしているか
● 以下評価(加点方式)
● 動作評価(例:1枚目のリングに入った1点)
● 指定課題をクリアしたかどうか
● 課題クリアに要した時間
● フィールドイメージ

競技方法

平成29年11月1日(水)発表予定

賞金

● 最優秀技術賞                     200,000円×1本
● 優秀技術賞                       100,000円×1本
● 技術賞                                50,000円×1本
※該当無しの場合もあり