HOME

HOME > 各施設のご案内 > 第1期事業 K2

▶ 第1期事業 K2   ▶ 第2期事業 KBIC   ▶ 第3期事業 NANOBIC

第1期事業 K2(ケイスクエア)タウンキャンパス

事業概要

K2(ケイスクエア)タウンキャンパスは、産学官連携による研究開発拠点の形成を目的として慶應義塾大学と川崎市が協同で開発している先端的研究施設です。4棟の研究棟に10を超えるプロジェクトが入居し、未来社会を拓く先端的研究を行っています。ここでは、「企業ビジネス交流会」の開催や技術展示会への参加を通して新産業や新事業の創出を目指し、研究成果の事業化に向けた可能性を追求しており、すでに複数のベンチャー企業が誕生しています。
また、市民や地域企業を対象としたオープンキャンパスやセミナーを開催し、先端的研究の成果を地域社会に還元する取り組みを行っているほか、地域の子どもたちに科学の面白さを体感してもらうイベントなども開催しています。

入居プロジェクト

K2タウンキャンパスにおいては、現在12の研究プロジェクトが進められています。
また、同じ新川崎・創造のもり地区にある「かわさき新産業創造センター(KBIC)」では、慶応義塾大学から7つのプロジェクトが事業化を目標として研究活動を続けています。

K棟1階

エラスティック光メディアアクセスプロジェクト

山中直明 教授

先端光波制御研究プロジェクト

神成文彦 教授

快適環境創造プロジェクト

田中茂 教授

中嶋ナノクラスター集積制御(JST-ERATO)プロジェクト

中嶋敦 教授

K棟2階

超身体プロジェクト

桂誠一郎 准教授

JST CREST:ディペンダブルSoC/SiPプロジェクト

山﨑信行 教授

NEDO未来医療を実現する先端医療機器・システムの研究開発

牛場潤一 准教授

E棟

慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート (KPRI)

小池康博 教授

I 棟

ハプティクスプロジェクト

大西公平 教授

「超成熟社会発展のサイエンス」プログラム

神成文彦 教授

次世代見守りプロジェクト

青木義満 准教授

O棟

ナノテク次世代薄膜プロジェクト

白鳥世明 教授

グリーン社会ICTライフインフラ プロジェクト

清家篤 慶應塾長

システム制御デザイン&マネジメントプロジェクト

西村秀和 教授

スマートモビリティプロジェクト

大前学 教授

人材育成・デバイス創製プロジェクト

菱田公一 教授

グローバル環境システムリーダー・プロジェクト

植田利久 教授

ユビキタスコミュニケーションプロジェクト

春山真一郎 教授

次世代道路交通システムプロジェクト

山口高平 教授

コ・モビリティ社会の創成プロジェクト

小川克彦 教授

概要

建 物

研究棟4棟(K棟、E棟、I棟、O棟)、厚生棟1棟(K2ハウス)

構 造

鉄骨造2階建

建築面積

約3,150㎡

延床面積

約6,301㎡

施設の詳細はK2ホームページをご参照ください。