HOME

HOME > 新川崎地区ネットワーク協議会

新川崎地区ネットワーク協議会

新川崎地区においては、平成24年4月にNANOBICの研究棟が供用開始、5月にA地区の全8区画の進出企業が決定、9月にはNANOBICのクリーンルーム棟が供用開始というように、高度な技術をもつものづくり企業や大学、研究開発に携わる人材等が次から次へと集積してきており、産学官連携の先端研究開発拠点として、着実に進展を遂げつつあります。
こうした拠点形成が進む中、企業や大学の連携機運も醸成されてきたことから、平成24年7月、新川崎地区の企業・大学・支援機関の情報交換を促進し、新たな連携(産産連携、産学連携)の創出を目指すため、新川崎地区を中心とした企業・大学による組織「新川崎ネットワーク協議会」が設立しました。

新川崎地区ネットワーク協議会 実施体制・組織イメージ

事務局 : 川崎市(経済労働局)
参画団体 : 企業37社 + 大学関係、支援機関等(H28.5現在)

新川崎地区ネットワーク協議会 関連リンク