川崎市産業振興財団タイトル

技術セミナー

電気自動車用二次電池の現状と将来
~リチウ二次電池から、全個体電池、新型二次電池~

【日時】令和4年10月19日(水)15時00分~17時00分
【会場】zoomオンライン
【講師】渡辺春夫 氏 技術士(化学部門)
【受講料】無料
【定員】30名(申込順)
【対象者】経営者、管理者、実務担当者
【申込方法】FAXまたはE-mail
【申込締切】令和4年10月18日(火)
リチウムイオン二次電池(LIB)は、世界に先駆けて日本で実用化され、30年が過ぎました。その間、LIBの世界市場は拡大を続け、10兆円を超え、電気自動車用途が、その8割を占める状況となっています。
本セミナーでは、①LIBの原理、構造、ならびに、②主要な構成材料について解説します。③そして、エネルギー密度向上を目指して開発の進められている次世代LIBとして、全個体電池(電解液を固体電解質にした)と、空気二次電池(空気を正極に使用)など新しいリチウム二次電池について解説します。④さらに、資源問題の観点から研究が進められているポストLIBとして、ナトリウム二次電池、カリウム二次電池、マグネシウム二次電池などリチウムを使わない新しい二次電池について解説します。
課題達成を主導とする経営者、管理者、実務担当の皆様、是非ご参加ください。

内容

  1. リチウムイオン二次電池(LIB)について
    原理、特徴、構造、安全対策
  2. リチウムイオン二次電池の構造部材
    正極、負極、セパレータ、電解液
  3. 新しいリチウムイオン二次電池
    全個体電池と個体電解質 空気二次電池と空気正極
  4. 新しい非リチウム二次電池
    ナトリウム二次電池、カリウム二次電池、マグネシウム二次電池
【お申込・お問合せ】
公益財団法人川崎市産業振興財団 担当:永井 Tel.044‐548‐4143 Fax.044ー548-4151

詳細は、こちらから!

トップへ戻る