平成29年度アクションリサーチ研究会(NFT) | 公益財団法人 川崎市産業振興財団

公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  技術振興事業 >  新分野・新技術支援研究会 >  平成29年度アクションリサーチ研究会(NFT)

平成29年度アクションリサーチ研究会(NFT)

コーディネータ 神奈川大学 経営学部 国際経営学科 准教授 行本勢基氏

コンセプト

アクションリサーチは、小集団による活動により課題を解明し、得られた知見から全体の改善へと繋げる実践的な研究です。
本プロジェクトでは、神奈川大学経営学部の学生の皆さんと企業を訪問し、社員の方とともに、実際の作業を通じて現場の課題を掘り起こし、改善の端緒とします。

 

第1回 平成29年11月22日

テーマ:企業訪問1「産学連携による会社の会議室、プレゼンテーション化計画」

場 所:松山工業㈱

 

第2回 平成29年12月22日

テーマ:企業訪問2「工場内作業スペースの改善計画」

場 所:㈱スタックス 十日町工場

 

第3回 平成30年2月16日

テーマ:アクションリサーチ経過報告

場 所:川崎市産業振興会館 8階第2研究室

 

第4回 平成30年2月頃

テーマ:改善提案発表会

場 所:

 

第5回 平成30年3月頃

テーマ:合同研究会

場 所:川崎市産業振興会館 4階企画展示場

Top