川崎市知的財産交流会のご案内 | 公益財団法人 川崎市産業振興財団

公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  人材育成支援事業 >  川崎市知的財産交流会のご案内

川崎市知的財産交流会のご案内

概要

地域産業の活性化と競争力の強化を目指し、大企業に蓄積されている特許や技術等の知的財産を中小企業に移転し、知的財産を軸とした双方向の交流により、中小企業の新製品開発や新規事業の取り組みを支援する事業です。

川崎市知的財産交流会

詳細

対 象
知的財産に関心のある事業者・研究機関等
内 容
大企業や研究機関等と市内中小企業が、知的財産を通じて相互に交流する場を提供します。
開催回数
年4回程度(オープン参加型の交流会の開催案内は、都度当財団ホームページに掲載します。)

これまでの実績

これまで参加した大企業
32社
富士通、東芝、日立製作所、日本電気、味の素、パイオニア、日産自動車、ミツトヨ、NHKエンジニアリングシステム、出光興産、富士通セミコンダクター、日本電信電話、京セラコミュニケーションシステム、日本ハム、キャノン、中国電力、イトーキ、シャープ、ソシオネクスト、富士ゼロックス、シーメンス、トヨタ自動車、荏原製作所、パナソニック、三井化学、日新製鋼、KDDI、ポリプラスチックス、キユーピー、本田技研工業、新電元工業、アネスト岩田、その他国立研究開発法人
マッチング成約
29件
製品化数
20件(2018年3月30日現在)

成約企業紹介

Top