公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  セミナー・イベントのお知らせ >  セミナー・イベント情報 >  平成30年10月|セミナー情報 >  10月17日(水)開催 リチウムイオン二次電池の安全化技術と 注目の全固体化技術

10月17日(水)開催 リチウムイオン二次電池の安全化技術と 注目の全固体化技術

テーマ

 携帯端末から電動自動車までリチウムイオン二次電池なしでは日常生活が送れない世の中になりました。1991年に、ソニーが世界に先駆けて商品化してから四半世紀以上が経過し、その間、この電池のエネルギー密度は4倍向上しました。この高密度に充填されたエネルギーを安全に取り扱うことが極めて重要です。このためいろいろな安全化技術が施されています。
 本講では、リチウムイオン二次電池の特徴、原理、構造、材料について解説し、これに立脚したリチウムイオン二次電池の安全化技術について解説します。さらに、安全化の一環として、現在、実用化検討開発が進んでいる注目の全固体電池の技術内容についても解説します。

内容

1 リチウムイオン二次電池の概要:
 ◆電池の種類    ◆リチウムイオン二次電池の原理

2 リチウムイオン二次電池の構造と安全対策:
 ◆PTC素子  ◆安全弁    
 ◆BMS(バッテリーマネジメント)  ◆セパレーターの高機能化 

3 リチウムイオン二次電池の材料の安全化技術:
 ◆負極活物     ◆正極活物      ◆電解液

4 リチウムイオン二次電池の全固体化技術:
 ◆全固体化への材料技術の進歩    ◆全固体化電池の特質

講師紹介

● 講師:渡辺 春夫 氏 技術士 (化学部門)

● 略歴

 1974年 ソニー株式会社入社。本社、中央研究所、仙台工場、郡山工場にて、磁気記録媒体、環境技術、リチウムイオン二次電池の研究開発に従事。2010年 同社定年退職。 同年 渡辺春夫技術士事務所を設立。現在に至る。
● 資格
 技術士(化学部門)工学博士
● 得意分野
 リチウムイオン二次電池、セラミック粉体技術、磁性材料技術、環境材料技術、コロイド界面化学、表面化学

日時など

● 日 時 2018年10月17日
16:00-17:30
● 会 場 かわさき新産業創造センター(KBIC) 2階大会議室
● 参加費 無料
● 定 員 30名(申込順)
● 主 催 公益財団法人川崎市産業振興財団
● 共 催 NPO法人かわさき技術士センター
● 申込方法 E-mailまたはFAXでお申込ください。
■E-mailの場合
以下の項目をご記入の上、次のアドレス宛お申込ください。
セミナー名
企業名
住所
役職
氏名
連絡先(電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)
【送付先 E-mail】jinzai*kawasaki-net.ne.jp
*はアットマークをあらわします。
■FAXの場合
こちらの申込書に必要事項をご記入の上、下記番号に送付してください。
【FAX】044-548-4146
● お問合わせ 公益財団法人川崎市産業振興財団
川崎市幸区堀川町66番地20 
川崎市産業振興会館6階
電話 044-548-4141 
FAX 044-548-4146
担当者:村田
Top