公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  セミナー・イベントのお知らせ >  セミナー・イベント情報 >  平成30年11月|セミナー情報 >  11月28日(水)開催 中小製造業の販路開拓に役立つマーケティング ~マーケティングの基本は強みの発揮~

11月28日(水)開催 中小製造業の販路開拓に役立つマーケティング ~マーケティングの基本は強みの発揮~

テーマ

 少子高齢化、グローバル化による市場の縮小、ITの進歩など、中小製造業を取り巻く経営環境は急速に変化をしており、人材確保、販路開拓、事業承継、など経営課題も山積しています。本セミナーでは、この中の「販路開拓」に焦点を当て、売上向上を図る上で欠かせない“マーケティング”について、分かり易くご説明致します。
 日本人はマーケティングが不得手と言われていますが、“単に作ったモノを売ること”ではなく、顧客は何を求めているのか、ニーズはどこにあるのか、どの様に提供すれば良いのかなどを理解すれば、独自の販路開拓方法を見出すことが出来ます。ご自分の会社の経営方針や状況と比べながらお聞きください。
 変化する市場に対応する適切なマーケティング活動を行って、経営力の強化と経営の持続化を図って頂きたいと思います。

内容

1 【中小企業の経営課題】
  経営課題の多くはマーケティングに関係している
2 【マーケティングって何か?】
  営業活動とマーケティングの違い、マーケティングの基本プロセスなど
3 【会社の強みとニーズの把握】
  マーケティングに必要な分析手法、顧客ニーズに合った取組み方
4 【販路開拓をする為に】
  強みを活かして付加価値と企業ブランドの向上を図る3つの要素
5 【ビジネスモデルで考える】
  事業の全体像から見える差別化戦略

講師紹介

● 講師:東 新 氏(中小企業診断士)

● 略歴

 機械を専門的に扱う貿易商社に20年、真珠の生産から小売まで一貫した事業を行う会社に7年、光通信デバイスメーカーに15年、国内外で営業に携わり、その間オイルショック、バブル景気、ITバブル崩壊、リーマンショック等の景気変動と、9.11並びに3.11を現地で体験した。これら通して“組織を機能させる”ことの大切さ痛感し、それをモットーに幅広く中小企業支援を行っている。2006年中小企業診断士登録。

● 実績
【経営支援】
 経営革新、経営計画、マーケティング、海外進出、ソーシャルビジネス
【講  演】
 海外進出、マイナンバー制度、事業計画、マーケティング、ビジネスモデル、ソーシャルビジネス、等多数
【そ の 他】
 経営革新計画、創業補助金、ものづくり補助金、小規模事業持続化補助金等申請支援実績あり

日時など

● 日 時 2018年11月28日
18:30-20:30(受付18:15~)
● 会 場 川崎市産業振興会館10階 第4会議室
● 参加費 1,000円
● 定 員 30名(申込順)
● 主 催 公益財団法人川崎市産業振興財団
● 共 催 一般社団法人川崎中小企業診断士会
● 申込方法 E-mailまたはFAXでお申込ください。
■E-mailの場合
 以下の項目をご記入の上、次のアドレス宛お申込ください。
 セミナー名
 企業名
 住所
 役職
 氏名
 連絡先(電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)
【送付先 E-mail】jinzai*kawasaki-net.ne.jp
        *はアットマークをあらわします。

■FAXの場合
 こちらの申込書に必要事項をご記入のうえ、下記のFAX番号に送付してください。
【FAX番号】044-548-4146
● お問合わせ 公益財団法人川崎市産業振興財団
川崎市幸区堀川町66番地20 
川崎市産業振興会館6階
電話 044-548-4141 
FAX 044-548-4146
担当者:村田
Top