2020年へ向けて 安全マネジメントシステムを学ぶ 《2つの規格をまとめて一度に》 | 公益財団法人 川崎市産業振興財団

公益財団法人 川崎市産業振興財団

川崎市産業振興財団は中小企業の情報化や企業交流のサポート、技術・経営情報の提供など地域経済の活性化に寄与しています。

HOME >  セミナー・イベントのお知らせ >  過去のセミナー >  平成29年度|過去のセミナー >  平成30年3月|セミナー情報 >  2020年へ向けて 安全マネジメントシステムを学ぶ 《2つの規格をまとめて一度に》

2020年へ向けて 安全マネジメントシステムを学ぶ 《2つの規格をまとめて一度に》

内容

 今年、国際規格として発行される「ISO45001労働安全衛生マネジメントシステム」と共に、2020年東京オリンピックの飲食提供に関して、段階的に義務化の方向となる「食品安全国際規格のマネジメントシステム」の導入等が注目されています。
これらの2規格のマネジメントシステムに共通する安全管理、危険源、危害要因等のリスク管理を中心に、概要を解説します。
  1. ISO45001労働安全衛生マネジメントシステム
    ~働きがいのある職場 働き方改革に向けて
    2018年3月に発行されるISO45001労働安全衛生マネジメントシステムは近年注目の働きやすい、働きがいのある職場造りや、働き方改革の基盤となります。
    職場で働く人の安全確保や労働衛生水準の向上を図ると共に、リスク低減・回避による事業継続を助するためのマネジメント規格です。
    【適用効果例】
    ・職務に関連する疾病及び死亡事故の減少
    ・労働安全衛生リスクの排除、最小化
    ・労働安全衛生パフォーマンス及び有効性の向上
    ・企業責任の実証及び取引先要求事項への対応
    ・企業ブランドの保護
    ・協議や参画を通した従業員のモチベーションアップ及び関与
  2. HACCP他 食品安全国際規格のマネジメントシステム
    ~オリンピックに向けて高まる需要
    HACCP他食品安全国際規格のマネジメントシステムは、2020年東京オリンピックを控え、段階的に義務化の方向になります。また、輸出等の販路拡大や食品安全への社会的関心・意識の高まりにより、注目をあびている安全マネジメントシステムです。
    【適用効果例】
    ・食品の安全な提供に関するリスクの低減
    ・業務効率の改善や組織体制の強化
    ・仕事の見える化による業務継承の円滑化
    ・継続的な改善による企業価値の向上
    ・法令順守(コンプライアンス)の推進
    ・海外企業を含む取引要件の達成

講師紹介

日時など

● 日 時 平成30年3月8日(木)
13:00~16:00(3時間予定)
● 会 場 川崎市産業振興会館 9階第2研修室
● 参加費 1,000円(消費税込)
● 定 員 20名程度(申込順)
● 主 催 公益財団法人 川崎市 産業振興財団
● 申込方法 申込方法E-mailまたはFAXでお申込ください。
■E-mailの場合
以下の項目をご記入の上、次のアドレス宛お申込ください。
セミナー名/企業名/住所/役職/氏名
連絡先(電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)
【送付先 E-mail】iso@kawasaki-net.ne.jp
■FAXの場合
こちらの申込書に必要事項をご記入の上、下記番号に送付してください。
【FAX】044-548-4110

問い合わせ先

事業推進課

公益財団法人 川崎市産業振興財団
TEL 044-548-4114  FAX 044-548-4110
E-mail :iso@kawasaki-net.ne.jp

Top