かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場

HOME > 株式会社メディカルラボパートナーズ 代表取締役 清水 美雪|第109回受賞者

株式会社メディカルラボパートナーズ 代表取締役 清水 美雪|第109回受賞者

第109回最終選考会(平成29年9月29日開催)

ビジネスアイディアのテーマ

“MediQ(メディキュー)”で、スムーズに医療機器を開発しよう!

ビジネスアイデアの提案者

株式会社メディカルラボパートナーズ
清水 美雪

川崎市多摩区

  • かわさきビジネス・アイデアシーズ賞 
  • かわしんビジネスチャレンジ賞 
  • はまぎん賞 
  • 八千代銀行賞 
株式会社メディカルラボパートナーズ 代表取締役 清水 美雪|第109回受賞者

【発表者 清水 美雪】

ビジネスアイディアの概要について

 現在、国の推進により、医療機器業界に新規参入する企業が増えている。
しかし、医療機器の開発は、法規制などもあり、医療機器メーカーで開発した人しか方法が分からない為、新規参入企業は、相談できる人もおらず、開発に苦戦している。この様な企業が課題に直面した時、安価に気軽に質問できる環境を整えたいと思った。
 その対策として、本アイデアを行うことにした。当社は、様々な専門を持つ医療機器メーカー出身者で、コンサルタントチームを作る。当社に登録した企業が、開発で生じる疑問をメールで質問すると、3営業日以内にコンサルタントチームが企業に回答を返信する。企業は、毎月¥35,000を支払い、1ヵ月あたり5案件まで質問できる。

株式会社メディカルラボパートナーズ 代表取締役 清水 美雪|第109回受賞者

新規性・優位性について

 既存の医療機器コンサルティング会社は、薬機法専門の面談によるコンサルティングしか行っておらず、高価なものであった。その為、様々な領域について安価に気軽に質問できる、メールを用いたコンサルティングは、非常に新しい。
 また、様々な領域の質問に、医療機器メーカー出身者が回答する点は、競合優位性があると考えられる。

市場について

主なターゲット・市場の規模

【主なターゲット】
  医療機器業界に新規参入する企業。
【市場規模】
  16.8億円/年
  (月3.5万円×12カ月×企業約10,000社×開発に課題を持つ企業割合40%)

市場での競争力

・ 開発、薬事、マーケティング、生産、広告など、様々な相談に回答できる。
・ コンサルタント全員が、医療機器メーカー出身者である。
・ 安価で気軽に相談できる。

実現性について

実施スケジュール

2017年2月  コンサルタントの募集を開始
2017年6月  全国の医療機器参入セミナーでチラシの配布を開始
2017年7月  スムーズに質問を受けられる様に、ホームページを改修
2018年6月  メールを振り分けるための事務員1名を雇用予定

       

実施場所

川崎市多摩区及び東京都千代田区

実施体制

・ 代表者及び8名の契約コンサルタント。
・ 1年後にアルバイトの事務員を雇用予定。

ビジネスパートナー

・ AMED、医療機器開発支援ネットワーク
・ 地方自治体の医療機器開発の支援窓口
 (神奈川、埼玉、東京、千葉、福島、大分、大阪、三重、山口など)

リスクとその管理

・ 営業できる場が少ない
   →セミナーでのチラシの配布、名刺交換した企業へのメール送信を実施。
・ 登録企業が増えた時に、コンサルタントが不足する
   →今後、経験を見極めた上で、医療機器メーカーのOB、OGを中心に増員する予定。

お問い合わせ先

公益財団法人 川崎市産業振興財団

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20 川崎市産業振興会館 6F
かわさき起業家オーディション事務局
Tel.044-548-4143 Fax.044-548-4146

audition*kawasaki-net.ne.jp *は@をあらわします

●下記フォームからもお問い合わせ頂けます