かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場

HOME > 第99回「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」 最終選考会結果発表! > 有限会社ラディック 代表取締役 佐藤 浩昭|第99回受賞者

有限会社ラディック 代表取締役 佐藤 浩昭|第99回受賞者

第99回最終選考会(平成28年2月12日開催)

ビジネスアイディアのテーマ

スマホアプリを使った観光・宿泊施設向け仮想現実観光写真体験サービス

ビジネスアイデアの提案者

有限会社ラディック
佐藤 浩昭

横浜市青葉区

  • かわさき起業家賞 
有限会社ラディック 代表取締役 佐藤 浩昭|第99回受賞者

【発表者 佐藤 浩昭】

ビジネスアイディアの概要について

カメラ付き携帯電話からスマホへの変化とともに、写真の楽しみ方も「気軽に撮ることを楽しむ」から「共有して楽しむ」ものへと変化しております。

誰よりも面白い写真を撮りたい、面白い写真に「いいね!」が欲しい!その欲求は高まるばかりです。

旅行での観光写真はその欲求を満たす最大の機会であり、その欲求に答える「新しい写真撮影体験」を提供し、ユーザーに利用されることでサービス提供側(観光地の観光・宿泊施設)が販促ツールとして利用出来るのが本サービスです。

有限会社ラディック 代表取締役 佐藤 浩昭|第99回受賞者

新規性・優位性について

実際の観光地で撮ることが出来ない「非日常的な観光写真」を撮影することが出来る新規性と、基本アプリを共有することで、アプリ開発、運営コストがサービス提供側に不要=低コストで実現できる優位性があります。

市場について

主なターゲット・市場の規模

観光地施設ターゲット:動物園89施設、水族館62施設。

観光地宿泊施設:ホテル営業施設9,809施設、旅館営業施設43,336施設合計53,145施設。

市場規模:1施設利用料金を年間12万円(1か月1万円)として、5年以内に2000施設に設置し年間売上3億6千万円。

市場での競争力

施設側が単独でスマホアプリによるサービスを提供する場合、アプリ開発費に数百万円を要しますが、本サービスは初期投資が不要で、月の利用料のみで導入出来る。

実現性について

実施スケジュール

1年目:上半期アプリ開発、下半期テストマーケティング

2年目:全国観光地、公の観光団体へのPR、サービス拡大

3年目:サービスのフランチャイズ化およびサービス申込みのネットによる自動化

       

実施場所

1年目テストマーケティングとして、大阪水族館「海遊館」含め首都圏近隣宿泊施設

実施体制

役員1名及びアルバイト3名

ビジネスパートナー

アプリ開発会社:エアマジック株式会社

デザイン会社:有限会社パスカル

リスクとその管理

アプリの仕組みに特許性が無い既存技術を利用しているため、他に模倣サービスが出る可能性があるゆえ、サービスブランドの認知に、展示会含めた販促PRを早期に展開する。

お問い合わせ先

公益財団法人 川崎市産業振興財団

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20 川崎市産業振興会館 6F
かわさき起業家オーディション事務局
Tel.044-548-4143 Fax.044-548-4146

audition*kawasaki-net.ne.jp *は@をあらわします

●下記フォームからもお問い合わせ頂けます