かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場

HOME > 株式会社スポーツプランニングジャパン 代表取締役  稲葉 洸太郎|第108回受賞者

株式会社スポーツプランニングジャパン 代表取締役  稲葉 洸太郎|第108回受賞者

第108回最終選考会(平成29年7月21日開催)

ビジネスアイディアのテーマ

現役Fリーガー完全監修 教育、スクール等に関するアプリ展開

ビジネスアイデアの提案者

株式会社スポーツプランニングジャパン
稲葉 洸太郎

東京都港区

  • かわさきビジネス・アイデアシーズ賞 
  • はまぎん賞 
株式会社スポーツプランニングジャパン 代表取締役  稲葉 洸太郎|第108回受賞者

【発表者 福留 浩一】

ビジネスアイディアの概要について

「スクール・クラブ運営を 、生徒と保護者 、そして事業者にとって、より価値ある場所に変えていきたい。」 

そんな想いで「すっぽ」シリーズの開発は始まりました。 保護者の連絡や生徒管理、請求管理を効率化する業務支援システム「すっぽマン」を始め、練習試合の対戦相手を簡単に募集/応募できるマッチングアプリ「すっぽマッチ」、全国各地域のスクール・クラブ情報や試合情報が公開される地域密着型のスクールポータルサイト「すっぽナビ」など、クラブ運営に役立つサービス/インフラを通して、スポーツクラブのパートナーとして多様化する顧客のニーズに対応した、クラブ運営をサポートしてまいります。

株式会社スポーツプランニングジャパン 代表取締役  稲葉 洸太郎|第108回受賞者

新規性・優位性について

現状の教育、スクールの多くの現場では管理体制はアナログで行われています。その中でIT化を進めることは新規性が高いと思います。

1,顧客満足度(ホスピタリティ)の更なる向上

・指導内容を保護者に「伝える」ことで着実に満足度向上、そして企業価値の向上に繋げる。

・保護者の利便性を高めることによって、更なる満足度向上を実現。

2,従業員満足度(指導レベル)の更なる向上

・マイページで獲得した収益をスクールに還元 ( 再投資 ) する事で現場環境を改善。

・保護者との関係性を改善することで、クレームの減少、良好な人間関係構築によるストレスの低減。

・保護者と指導内容を共有することで、より一貫性のある指導環境を提供できるようになり指導効果が向上。

3,新たな収益源の確保

・物販や写真販売を初めとした新たな事業で収益を確保。

・満足度向上⇒企業ブランド価値の向上による、周辺サービスにおける売上の拡大を目指す。

・卒業後のマイページ活用による、顧客資産の再活用、収益化の可能性を高める。

市場について

主なターゲット・市場の規模

全スポーツのスクール(数は3,000を超えています。)

人数は90万人超です。

私立幼稚園(約10000施設になります。)

市場での競争力

管理側の円滑な管理システムと安全面を主張した会員様の満足度を強みにしています。

また、システム導入の容易さと会員様も簡単に見られるシステムの構築には自信があります。

実現性について

実施スケジュール

アプリリリース済み

       

実施場所

全国のスポーツスクール及び学習塾等

実施体制

3名

ビジネスパートナー

株式会社サングローバル、三幸学園

リスクとその管理

顧問弁護士と契約済み

お問い合わせ先

公益財団法人 川崎市産業振興財団

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20 川崎市産業振興会館 6F
かわさき起業家オーディション事務局
Tel.044-548-4143 Fax.044-548-4146

audition*kawasaki-net.ne.jp *は@をあらわします

●下記フォームからもお問い合わせ頂けます