かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場

HOME > 株式会社コードミー 代表取締役  太田 賢司|第112回受賞者

株式会社コードミー 代表取締役  太田 賢司|第112回受賞者

第112回最終選考会(平成30年3月16日開催)

ビジネスアイディアのテーマ

最適な香りのある暮らしを提供する「IT型アロマの定期購買サービス」

ビジネスアイデアの提案者

株式会社コードミー
太田 賢司

神奈川県横浜市

  • かわさき起業家賞 
  • KSP賞 
株式会社コードミー 代表取締役  太田 賢司|第112回受賞者

【発表者 太田 賢司】

ビジネスアイディアの概要について

「AROMA×ITのライフスタイル創造」
朝、昼、夜それぞれのシーンに対応するパーソナライズアロマの定期購買サービス。
蓄積する香り情報の解析により、企業向けのIT型香りマーケティング支援を展開し、最適な香りがある世界を演出する。

株式会社コードミー 代表取締役  太田 賢司|第112回受賞者

新規性・優位性について

自社の独創性:
① カスタマイズ性(蓄積する香り情報のデータ解析に基づき、1人ひとりに最適化された香りを提供)
② 利便性(持ち運びやすさ、使いやすさ、不在届への対応が不要などの定期購買として継続しやすいUX)
③ 香りの品質(受注生産プロセスによる香りの高い鮮度、希少な国産天然精油の活用)

市場について

主なターゲット・市場の規模

既存のアロマ市場全体では約4,000億円の成長市場(日本アロマ環境協会 AEAJ調べ 2015年)。
既存市場のシェアを取っていくというよりは、新規市場を作っていくことにフォーカスし、5年目は年商7億円を見込む。
BtoCでは香りの新しいライフスタイルを展開し、BtoBでは、toCのサービスで蓄積、解析するデータをもとにした、IT型の香りマーケティング支援を他業界に拡大する。

市場での競争力

自社の優位点は、香りのカスタマイズ性、利便性、高品質にある。
そして、データドリブンで企業向けの香りマーケティング支援を展開できることは高い競争力の源泉となる。

実現性について

実施スケジュール

【BtoC】
2017年10月:プレサービス開始(カスタマイズアロマの定期購買モデル)
2018年 4月:新型アロマディヒューザー開発を開始
2019年 4月:新型アロマディヒューザーをローンチ、サービス開始
【BtoB】
2017年10月:BtoBの香りマーケティング支援事業を開始(音楽業界、ホテル業界、不動産業界向けに順次拡大予定)

       

実施場所

横浜市、及び川崎市

実施体制

太田賢司:CEO
国内最大手の香料会社にてフレグランスの開発に10年携わる。
経営学修士(MBA)及び理学修士。

寺川直宏:CTO
UI/UX設計の豊富な経験を有するエンジニア。

武井涼子:Advisory Board
ブランディング、マーケティング分野のスペシャリスト。

ビジネスパートナー

ヤマハ株式会社:演奏会場やリゾート施設における香りマーケティング事業での連携。
日本IBM株式会社:香りのビックデータ蓄積、解析、及びアルゴリズム開発における連携。
ヤマト運輸株式会社:BtoCの物流業務、及び専用パッケージの開発。

リスクとその管理

商品の安定した供給体制を整えることと、アロマ業界との良好な関係・ネットワークを築くことがリスク管理の観点から重要となる。
香料素材の仕入れ先を複数に分散する対応や、10年携わった香料業界での人脈に加え、さらにアロマセラピスト、ハーブセラピスト、医師、薬剤師などの専門家との人的ネットワークを広げている。

お問い合わせ先

公益財団法人 川崎市産業振興財団

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20 川崎市産業振興会館 6F
かわさき起業家オーディション事務局
Tel.044-548-4143 Fax.044-548-4146

audition*kawasaki-net.ne.jp *は@をあらわします

●下記フォームからもお問い合わせ頂けます