かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場

HOME > はと治療院 金屋 隼斗|第116回受賞者

はと治療院 金屋 隼斗|第116回受賞者

第116回最終選考会(平成30年11月30日(金)開催)

ビジネスアイディアのテーマ

マッサージ師がWHOの定めた「健康」を後期高齢者へ提供するサービス

ビジネスアイデアの提案者

はと治療院
金屋 隼斗

川崎市高津区

  • かわさきビジネス・アイデアシーズ賞 
  • 川崎中小企業診断士会応援賞 
  • 会場応援賞  
はと治療院 金屋 隼斗|第116回受賞者

【発表者 金屋 隼斗】

ビジネスアイディアの概要について

現在日本は、超高齢社会に突入しており、高齢化への進行スピードも速く、とても深刻な問題を抱えています。

今から5年前、この問題に対して自分ができることは、健康寿命を延ばす手助けをする事だと考えました。
それから計画を経て、勉強や経験を重ね、知識及び技術を身につけて、今年ようやく実行に移しました。
WHO(世界保健機構)が定めた健康の定義は「身体的・精神的・社会的」の全てが良好な状態です。
しかしながら、多くの後期高齢者は、身体のどこかに痛みがあり、様々な不安や悩みを持ち、
社会との繋がりがほとんどない方もいるのが現実です。  

はと治療院では、身体的ケア・精神的ケア・社会的ケアの全てを取り組んだサービスを展開しています。

はと治療院 金屋 隼斗|第116回受賞者

新規性・優位性について

はと治療院独自の「みまもりシステム」には、2つの狙いがあります。

①孤独感をなくして心のケアと人との関わりを増やす。
②医療従事者が毎日体調確認を行う事で、病気の早期発見・早期治療を目指す。

市場について

主なターゲット・市場の規模

75歳以上の後期高齢者(いわゆる団塊世代の方)
川崎市75歳以上→約16万人
横浜市75歳以上→約48万人
身体のケア、うつ病・自律神経失調症等による精神的ケアの必要な方、引きこもり等による社会的ケアの必要な方。

市場での競争力

多くの治療院は身体的ケアのみ行い、これでは健康とは言えません。
当院は、施術中には心のケアも行い、施術がない日も電話によるカウンセリングを行っています。
また、各医療関係者・ケアマネジャーに報告できる環境作りを整えています。

実現性について

実施スケジュール

2018年2月19日出版 「在宅マッサージを活用して家族の負担を軽減」
2018年8月より健康を提供するサービス実施中
2019年2月出版予定 「訪問鍼灸マッサージ 徹底ガイド」

       

実施場所

神奈川県・東京都

実施体制

3名

ビジネスパートナー

はと治療院グループ院、ケアマネジャー、医師、介護職員

リスクとその管理

・感染症の対策として、施術前には手指消毒をします。
・体調不良の時は、医師又はご家族、ケアマネジャーに報告します。

お問い合わせ先

公益財団法人 川崎市産業振興財団

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20 川崎市産業振興会館 6F
かわさき起業家オーディション事務局
Tel.044-548-4143 Fax.044-548-4146

audition*kawasaki-net.ne.jp *は@をあらわします

●下記フォームからもお問い合わせ頂けます