かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場

HOME > 第121回「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」最終選考会結果発表! > 株式会社アドログ 代表取締役 本多 眞孝 |第121回受賞者

株式会社アドログ 代表取締役 本多 眞孝 |第121回受賞者

第121回最終選考会(令和元年12月6日開催)

ビジネスアイディアのテーマ

ITのチカラで社会課題を解決するビジネスモデル -広告業界編-

ビジネスアイデアの提案者

株式会社アドログ
本多 眞孝

川崎市川崎区

  • かわさきビジネス・アイデアシーズ賞 
  • はまぎん賞 
  • きらぼし銀行賞 
株式会社アドログ 代表取締役 本多 眞孝 |第121回受賞者

【発表者 本多 眞孝】

ビジネスアイディアの概要について

過重労働の典型として例に上がる広告業界。
その理由は複雑に広がったキャンペーン戦略にあります。
ブランディング戦略、販売戦略、ターゲット戦略、表現戦略、媒体戦略・・・さらにこれらの戦略に沿ったきめ細かい実践作業。すべてを統合して広告キャンペーンは行われており、こうして広がり続けている広告コミュニケーション領域をマンパワーで乗り切っているのが実態です。

このように広がった広告キャンペーンをITのチカラを活用し体系的に管理することで、業務の効率化を図りたいと考え、広告キャンペーン管理システム「adlog」をつくりました。
そして、このサービスは月額のサブスクリプションモデルとして販売し、広告業界に長年勤めた方(定年退職者や早期退職者)によってセールスしていただきます。彼らには獲得件数に応じたインセンティブを、契約が続く限り毎月支払う形で雇用したいと考えており、高齢者雇用の問題や老後年金が2,000万円足りないといった社会課題の一助としたいと考えています。

 

株式会社アドログ 代表取締役 本多 眞孝 |第121回受賞者

新規性・優位性について

以下のような機能を持った広告キャンペーンを管理する業務効率化ツールは、今の所存在していません。

■6つの機能をもった、広告キャンペーン管理ツール
①オリエンテーション情報の管理 ②プレゼンテーション情報の管理 ③実施した施策(広告表現および実施媒体)の情報管理④過去のキャンペーンデータとの比較 ⑤関係者に対して必要に応じた情報の共有 ⑥入力されたデータをCSVデータとして書き出し、上記の機能により、複雑なキャンペーンの全体像が把握しやすくなると同時に、統一されたフォーマットによって関係者への情報共有がスムーズに行われます。

市場について

主なターゲット・市場の規模

<主なターゲット>
年間数億円以上の広告販促を実施している企業、および広告代理店。
※年間5億円以上の広告宣伝費を使っている企業は国内約870社ある。

<市場の規模>
・日本の総広告費(2018年)は6兆5,300億円、前年比102.2%で、7年連続のプラス成長。
・国内IT市場規模(2019年)は18兆807億円、前年比103.4%と予測される。

市場での競争力

現時点では競合はいませんが、今後同様のサービスを導入する恐れのある企業として、データマーケティングツールを提供している企業や、システム系のベンダー、広告代理店が考えられます。
しかしこれら企業に対しては、現在ビジネスモデル特許を出願しており、これによって本サービスの保護を行うとともに、これら企業が提供しているサービスと連携するなどの協業の道を模索したいと考えます。

実現性について

実施スケジュール

2019/10/01 株式会社アドログ 川崎市内にて設立
2019/12 広告キャンペーンを管理するダッシュボード「adlog」パイロット版公開。
2020/01 サービス本格ローンチ

       

実施場所

川崎市川崎区

実施体制

社員:1名
販売外交スタッフ(広告代理店OB):20名~30名
※1名あたり3社獲得目標

ビジネスパートナー

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(前職)

リスクとその管理

・広告キャンペーンの仕組みの大幅な変化
ex,新たな媒体の登場や既存媒体の大きな変更など
 →最新の広告キャンペーン戦略を網羅できるようサービスのカスタマイズを随時行い、ユーザビリティを向上していく。

お問い合わせ先

公益財団法人 川崎市産業振興財団

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20 川崎市産業振興会館 6F
かわさき起業家オーディション事務局
Tel.044-548-4143 Fax.044-548-4146

audition*kawasaki-net.ne.jp *は@をあらわします

●下記フォームからもお問い合わせ頂けます