かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場

HOME > 第124回かわさき起業家オーディション 最終選考会結果発表! > 株式会社Que seran pasaran 代表取締役 八木下 裕子|第124回受賞者

株式会社Que seran pasaran 代表取締役 八木下 裕子|第124回受賞者

第124回最終選考会(令和2年9月25日開催)

ビジネスアイディアのテーマ

宝塚歌劇団OGの活動支援とマネタイズ機会の創出

ビジネスアイデアの提案者

株式会社Que seran pasaran
八木下 裕子

東京都渋谷区

  • かわさきビジネス・アイデアシーズ賞 
  • FUNDINNO賞 
株式会社Que seran pasaran 代表取締役 八木下 裕子|第124回受賞者

【発表者 八木下 裕子】

ビジネスアイディアの概要について

タカラジェンヌは退団後、どのようなセカンドキャリアを歩んでいるかご存知ですか?

宝塚歌劇団は非常にクローズドな世界であるため、生徒は退団後の働き方について知識が浅く、これまで培ってきたスキルを活かせないまま仕事を選択しているOGが多いというのが現状です。
そこで、宝塚OGが持っているスキルを活用しながら、新たな挑戦をサポートしていく<マネジメント事業>と、退団後もOGの最新情報の発信・定期的なイベントの開催・グッズ販売などでファンが継続して応援していける<ファンクラブ事業>、人材だけでなく得意なこと・できることの経験をブランド化し、OGの雇用にも繋がる<宝塚ブランド事業>の3つの軸を備えた「宝塚OGサポーターズクラブ」を結成し、OGの輝くセカンドキャリアを実現していきます。

 

株式会社Que seran pasaran 代表取締役 八木下 裕子|第124回受賞者

新規性・優位性について

これまで宝塚関係の企業は、宝塚受験生のスクール運営と一般の方へのフィットネス運営のみでした。
その為、宝塚退団後のOGの相談窓口となり、個々の活動に合わせたサポートをし、合同のファンクラブを運営する会社は存在しておらず、完全にオンリーワンの状態です。
また、代表自身が宝塚OG(もと花組 娘役 瞳 ゆゆ)であることから、縦と横の繋がりは強く信頼も厚い為、他にはないビジネスモデルを構築できます。

市場について

主なターゲット・市場の規模

・宝塚歌劇団の新旧ファン
・宝塚歌劇団の観客動員数277万人(2018年度)
・20~30代女性1200万人

市場での競争力

宝塚OG合同ファンクラブやOG専門のマネジメント会社は他になく完全にオンリーワン

実現性について

実施スケジュール

2020年6月~  宝塚OGサポーターズクラブ始動 (年内会員1000名目標)
2020年7月~  マネジメント開始
2020年10月~クラウドファンディング スタート

       

実施場所

渋谷

実施体制

宝塚OG11名(今後も増員予定)

ビジネスパートナー

株式会社ジョイスタッフ
株式会社アレナトーレ

リスクとその管理

・宝塚OGやファンクラブ会員の個人情報管理の徹底
・提携企業との機密保持契約の締結
・宝塚OGのスケジュール管理や競合管理

お問い合わせ先

公益財団法人 川崎市産業振興財団

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66番地20 川崎市産業振興会館 6F
かわさき起業家オーディション事務局
Tel.044-548-4163 Fax.044-548-4146

audition*kawasaki-net.ne.jp *は@をあらわします

●下記フォームからもお問い合わせ頂けます