お問合せはこちら


業務時間

月曜日~金曜日
午前8時30分~午後5時15分
※祝日・12月29日~1月3日除く


所在地

〒212-0013
神奈川県川崎市幸区堀川町
66番地20
川崎市産業振興会館7階

TEL:044-541-5232/5233
FAX:044-548-4151



ビル外観.jpg

運営主体

ICT治具 KIS

本ホームページは、住みなれたまちで、誰もが自立して楽しく安心して暮らせることを目指した川崎市独自の福祉製品のあり方を示した基準「かわさき基準(通称:KIS)」の認証を受けた、ICT治具(ダンウェイ(株))で作成しています。

コーディネーターの紹介

鈴木コーディネーター

<鈴木好則コーディネーター 自己紹介>
※主に欧州・米国などを担当

電機メーカーの技術者として米国及びカナダの客先に出向社員として駐在したのを皮切りに、米国で自社ブランド商品の商品企画、マーケティング、中南米への輸出を含む営業を担当しビジネスをマスターしています。その後工場技術責任者としてフィリピン工場での技術、生産技術、品質管理を担当し、現地技術者の採用から教育までを行い工場運営も経験しています。さらに中国の合弁販社の副総経理として商品企画、許認可の取得、販売を行い、合わせてこれらの商品を台湾、韓国に加えタイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン等東南アジア各国にも販売し発展途上国とのビジネスも充分に経験しています。又中東のドバイ、イスラエルを含めたヨーロッパ各国へも欧州営業責任者としての販売経験をしています。

<海外展開を目指す企業様へのメッセージ>

上記のような自身の海外経験とネットワークを基に特に欧米を中心とした発展途上国への進出を計画している川崎市内の企業の皆様の海外進出のご支援をして行きたいと思います。又技術職としての海外工場での駐在経験も活かし販路開拓等の営業的な面の支援に加え工場進出の為の製造、生産技術、品質管理面からのお手伝いもさせて頂きたいと思います。今後TPPの進行等から海外特に東南アジアとの協力関係は不可避になる物と思われます。但し海外進出する事は企業の命運を左右する決定にもなり兼ねませんので十分な事前調査、準備をした上で慎重な進出方針の決定が必要になると思われます。自身の今までの経験と外部のネットワークも活用した上で海外進出をご検討の企業様へのあらゆる面からのご協力をさせて頂きたいと思います。

平石コーディネーター

<平石隆久コーディネーター 自己紹介>
※主に中華圏(中国、香港、台湾)を除くアジア全域を担当

大手電池メーカーで30年以上海外事業に携わってきました。この間に自動車部品・通信機器・民生電気電子機器の各業界での経験を積んできました。その後、中小規模の会社で海外事業推進のお手伝いをする中で、自動車機器・電気部品・照明機器・精密機械・生産財・電子部品・カーオーディオ・EMS・基板実装・大型印刷機・印刷看板・建築部材などの多彩な業界で海外事業推進の仕事を進めてきました。海外営業では北米・中南米・アジア・オセアニア・欧州などの地域をローテーションで担当しこれら地域での営業の経験があります。M&AでのF/Sも含めた経験、海外代理店契約・海外合弁契約・海外技術供与契約・海外現地法人の清算などの国際法務の経験と併せて、P/L・B/S・C/Fを含む事業計画の作成など国際財務の経験もあります。米国・ドイツ・中国・シンガポール・タイ・ベトナムと18年間に渡って海外に駐在して国際事業に携わってまいりました。特にドイツ・中国・シンガポール・タイでは総支配人・総経理・駐在事務所長・社長として海外現地法人の責任者を勤めました。海外現地法人経営・海外事業推進・海外調達・海外営業・海外進出・海外拠点立ち上げなど海外関連事業のノウハウを持っています。

<海外展開を目指す企業様へのメッセージ>

今後世界のビジネスは更にグローバルな展開が進んでいくと思います。TPP展開も本格的に始まり、日本企業の世界との関係もより深くなると思います。そのような環境の中で、海外展開を計画している川崎市内の企業の皆様の海外事業推進のお手伝いをさせて頂きます。どのようなことでも、遠慮なくご相談ください。

谷岡コーディネータ画像

<谷岡正美コーディネーター 自己紹介>
※主に中華圏(中国、香港、台湾)を担当

大手商社に35年以上勤務、化成品本部、食品本部にて主に輸出入業務に携わり、中国上海やベトナムに通算15年以上の駐在経験があります。中国上海においてはいくつかの合弁会社の立ち上げにも参画しました。ベトナムでは現地法人の責任者として運営、経営全般に携わりました。一方で、現地日本商工会にて役員も経験、日本から進出された多くの中小企業のご苦労も目の当たりにしました。又、日本帰国後はJETRO専門家、新輸出大国コンソーシアムのパートナーとして約2年間、中小企業のアセアンへの海外進出のご支援をさせていただきました。

<海外展開を目指す企業様へのメッセージ>

ご存じのように近年、中国やタイ、ベトナム、フィリピン等のアセアン諸国の経済成長は著しく、多くの日本企業も進出しております。以前は、大手企業を中心に生産拠点を設けるケースが多かったですが、急速な経済成長に伴い巨大な消費市場にもなってきており、ビジネスチャンスは益々広がっているように思います。但し、日本と同じアジア圏とはいえ政治体制、商慣習、文化の違いによって多くの海外リスクがあるのも事実です。これまでの商社マンとしての経験、人脈等を生かして少しでもお役に立てればと考えております。私は川崎市に永く在住しておりますので、何なりとご相談頂ければ幸いです。



ページトップへ